• トップ
  • 不眠症について 記事一覧

不眠症について 記事一覧

不眠症の種類
不眠症に悩まされている方も多いと思います。私も過去に不眠症に悩まされたひとりです。不眠症にはいくつか種類があるのはご存知でしょうか。ここでは不眠症の種類についてご紹介しています。
眠障害とは
不眠症の種類のひとつに入眠障害という不眠症があります。現在、不眠症で苦しんでいる方の多くがこの入眠障害だといいます。ここでは、入眠障害について解説しています。
熟眠障害とは
ここでは、不眠症の症状のひとつである熟眠障害についてご紹介しています。布団に入ってもすぐ寝れるし、睡眠時間も十分にとっているのになんか寝た感じがしない、疲れがとれないと感じている方もいるのではないでしょうか。
中途覚醒とは
中途覚醒とは、不眠症の種類のひとつになります。中途覚醒の症状としては、朝までに何度も目が覚めてしまい熟睡感が得られない症状をおこします。
早期覚醒とは
早期覚醒には2種類の症状があるといわれています。ひつとは老人性早期覚醒。まずは、老人性早期覚醒について見ていきたいと思います。
不眠症になりやすい人
性格や職業によって不眠症になりやすい人と不眠症になりにくい人がいるようです。ここでは不眠症になりやすい人はどんなタイプの人なのかについてご紹介しています。
不眠症がもたらす影響
不眠症を発症してしまうと様々なものに影響が出てしまいます。ここでは不眠症がもたらす影響についてご紹介しています。
日本人の8割がかくれ不眠
しっかり睡眠を取ったつもりなのに朝起きた時に熟睡感がない、疲れがとれていない、寝た気がしない、という経験を1度でもされた方は多いと思います。こういった事が頻繁に起きている方は『かくれ不眠』の可能性があります。
不眠症がもたらす様々なリスク
不眠症になる事で身体には様々なリスクが生じ、不眠症になって良い事はなにもありません。ここでは不眠症がもたらすリスクをご紹介しています。
不眠はうつ病のサイン
うつ病の症状のひとつに不眠があります。そして、うつ病を発症している9割の方が不眠になっています。この事から不眠症を発症してしまうとうつ病になっている可能性は高いです。
睡眠障害になりやすい性格ってあるの?
十分な睡眠を得る事ができなくなる不眠症。睡眠障害とも言われますね。夜、しっかり寝る事ができないという事はとても辛いですよね。次の日の仕事や家事などにも悪影響が出てきますし、日々の疲れもとる事ができなくなってしまいます。

ページTOPへ