早期覚醒には2種類の症状がある

老人性早期覚醒

ここでは不眠症の種類のひとつである早期覚醒についてご紹介しています。

早期覚醒には2種類の症状があるといわれています。

ひつとは老人性早期覚醒。

まずは、老人性早期覚醒について見ていきたいと思います。

人間は歳を重ねるとともに睡眠欲が薄れてくるといいます。

なぜ睡眠欲が薄れてくるのかと言うと、睡眠に必要な成分でもあるメラトニン(睡眠ホルモン)の分泌が歳を重ねると低くなるからです。

実際に、加齢の方は起きるのが早い、朝が早いというイメージをもたれている方も多いと思います。

人間の睡眠傾向は30歳後半~40代で変わると言われています。

睡眠傾向が変わる事を知らずにいると、自分は不眠症になったのではないかと思われる方も多くいるようです。

朝早く目が覚める方でもしっかり熟睡感があれば不眠症と診断されませんので安心してください。

ただ、熟睡感がない、疲れがとれない、朝が起きずらいと言う方はなにかしらの不眠症を発症している可能性がありますので注意が必要になります。

早期覚醒の対策・改善方法

早期覚醒の対策・改善方法としては、朝早く目が覚めてしまった場合は無理に再度寝ようとするのではなく、起きて外に出て散歩したり、軽い運動を行いましょう。

外に出る事で太陽の光を浴びる事ができますので体内で睡眠に必要な成分であるセロトニンが分泌されます。

セロトニンを多く分泌できればその分メラトニン(睡眠ホルモン)も多く生成する事ができますので、質の良い睡眠をとる事ができるようになります。

うつ病の場合は注意が必要

そして、早期覚醒のもうひとつの症状はうつ病です。

うつ病は精神的な病気のひとつでもあります。

そして、うつ病が早期覚醒だけではなく様々な不不眠症を引き起こすとも言われています。

不眠症を引き起こすことで生活のリズムが崩れ、生活自体にも支障をきたす事になります。

早期覚醒はうつ病の初期段階に見みられる症状でもあります。

うつ病の症状を発症してしまった場合は専門家や医師に診てもらう必要があります。

うつ病の場合治療方法は、医薬品を使った治療や専門家によるカウンセリングが必要になると言われています。

そして、うつ病の治療には長期に渡る休養が必要になります。

上記で述べた早期覚醒の対策・改善方法でうつ病を改善できる場合もありますが、うつ病の場合は精神的な問題もありますので対策・改善を行っても意味がないことが多いと聞きます。

現在ではうつ病は深刻な社会問題になっています。

最初はただの不眠症だと思っていても診断してみると実はうつ病だったというケースも多くあると言われています。

うつ病の症状がひどくならないうちに早期に治療を行う事をおすすめします。

ページTOPへ