不眠症になりやすい人はどんなタイプ?

性格や職業も不眠症と関係がある

不眠症を発症する原因は多くあります。

生活環境や寝室環境、ストレスなど様々な原因が元になり不眠症を発症すると言われています。

他にも性格や職業によっても不眠症になりやすい人と不眠症になりにくい人がいるようです。

ここでは不眠症になりやすい人はどんなタイプの人なのかについてご紹介しています。

現在、不眠症で悩んでいる方は自分はどっちのタイプなのか確認してみてください。

対策方法や改善策も併せてご紹介しているので不眠症の対策・改善の参考にして頂ければと思います。

不眠症になりやすい性格

最初に不眠症になりやすい性格はどんなタイプなのかという事を見ていきたいと思います。

不眠症になりやすい性格は繊細で真面目、神経質な性格になるようです。

やはり、繊細で真面目、神経質の方の場合は小さな事でも悩んでしまい常に不安やストレスを抱える傾向にあると聞きます。

不安やストレスは睡眠の大敵になります。

寝る時にも色々な事を考えすぎてしまいその結果、睡眠に入る事ができなくなり入眠障害やなどの不眠症を発症してしまうようです。

【不眠症になりやすい性格】
・繊細な性格
・真面目な性格
・神経質な性格

不眠症になりやすい職業

次は不眠症になりやすい職業です。

職業は大きく分けると肉体労働の仕事なのかデスクワークが中心の仕事なのかの2つに分けられます。

この2つの職業で不眠症になりやすいのはデスクワーク中心の仕事になるようです。

やはりデスクワークは身体を動かさない分、疲労が溜まりにくい傾向にあります。

質の良い睡眠を取る際にはある程度の運動も必要になります。

運動をする事で睡眠に必要な成分『セロトニン』という成分が体内で多く分泌されるようになります。

また、深夜の時間帯に仕事をしている方も不眠症になりやすいと聞きます。

太陽が出ている時間帯に睡眠に入り、太陽が出ていない時間帯に活動する事で体内時計が大きく狂ってしまいます。

人間の体は太陽の光を浴びると脳が覚醒して活発な状態になります。

そのせいで寝ないといけないのに寝れなくなり不眠症を発症してしまうケースもあるようです。

このように仕事によって不眠症になりやすい場合もあります。

不眠症の対策・改善方法

対策としては睡眠に入る前に不安やストレスから解放される事です。

おすすめする対策方法は寝る前にアロマテラピーや音楽を聴く、読書をする、軽いストレッチをする事です。

これらの事は脳をリラックスさせる効果があるので自然と睡眠に入る事ができるようになります。

運動不足だという方は生活サイクルの中に運動を入れるといいでしょう。

30分のウォーキングをするだけでも大きく違ってきます。

深夜の時間帯に活動している方は寝る際には厚手のカーテンを利用して部屋に太陽の光を一切入れない事や目覚めし時計の代わりに光目覚まし時計を使うなどの対策をおすすめします。

他にもサプリメントの力を借りるという方法もあります。

私が不眠症を改善する際に利用したマインドガードDX、睡眠をサポートしてくれるグリシン。

この2つの不眠症サプリメントを利用するといいでしょう。

マインドガードDXは睡眠に必要な成分をしっかり補う事ができるので日々飲むことで不眠症を解消する事ができます。

グリシンの効果は寝つきが良くなり睡眠中も体温を低い状態に保ってくれる効果があり熟睡できるようになります。

不眠症は誰がなってもおかしくない病気のひとつです。少し油断をしてしまうとすぐに不眠症は襲ってきます。

不眠症を発症してから対策・改善をするのではなく、不眠症になる前から上記でご紹介してきた対策・改善をする事が重要になってきます。

当ページでご紹介してきた事が当てはまる方は日頃から不眠症対策を行い不眠症になる事を防ぐようにしましょう。

ページTOPへ