うつ病と不眠症は密接な関係がある

うつ病を発症している9割の方が不眠

うつ病の症状のひとつに不眠があります。

そして、うつ病を発症している9割の方が不眠になっています。

この事から不眠症を発症してしまうとうつ病になっている可能性は高いです。

うつ病は誰にとっても身近な病気のひとつになり、うつ病で悩んでいる人やうつ病で苦しんでいる人は多くいます。

うつ病の主な症状は常に不安がある、精神的に安定しない、気分が落ち込みやすい、常に脱力感がある、やる気がしない、などになります。

うつ病と不眠症は密接な関係にあり、うつ病が原因で不眠症を引き起こす場合が多いですね。

逆に不眠症からうつ病を発症してしまうケースもあるので、不眠が続く場合には放置しないで早めの対処が必要になります。

不安やストレスを睡眠に持ち込まない

不眠を解消する際にまず行って頂きたい事が睡眠前の環境を改善する事です。

特に不安やストレスを多く抱えている人はしっかり睡眠環境を整えてから睡眠に入ってもらいたいと思います。

不安やストレスは睡眠の大敵になる存在で、不安やストレスが原因で寝付く事ができなくなってしまいます。

不安やストレスが睡眠にどのような影響を与えるのかというと、人間の身体は不安やストレスを感じる事で自律神経が大きく乱れてしまいます。

自律神経が乱れる事で脳は覚醒状態になります。

脳が起きている状態ですと当然、睡眠に入る事ができなく、たとえ睡眠に入る事ができても深い眠りに入る事ができなくなります。

こういった睡眠が続いてしまうとますます不眠症に陥ってしまうので、できる限り不安やストレスを持ち込まないで睡眠に入るようにしましょう。

寝る前に脳をリラックスさせる

では、不安やストレスを睡眠に持ち込まない方法とはなんなのでしょうか。

それは脳をリラックスさせる事です。

脳をリラックスさせる事で自然と不安やストレスから解き放たれ、脳と身体が睡眠に入る準備をしてくれるので寝付きやすく、また深い睡眠を得る事もできます。

脳をリラックスさせる方法は人それぞれになり、音楽を聴く、アロマの匂いを嗅ぐ、読書をする、軽いストレッチをするなど自分なりのリラックス方法を見つけましょう。

寝る前の30分~1時間前に脳をリラックスさせる事ができれば質の高い睡眠を得る事ができ、不眠症をしっかり改善する事ができます。

不眠症を改善する事ができればうつ病の改善にも繋がりますので、不眠症やうつ病で悩んでいる方には寝る前に脳をリラックスさせる事を頭に入れておいて欲しいと思います。

ページTOPへ