睡眠障害になりやすい性格ってあるの?

睡眠障害になりやすい人とそうではない人

十分な睡眠を得る事ができなくなる不眠症。睡眠障害とも言われますね。

夜、しっかり寝る事ができないという事はとても辛いですよね。次の日の仕事や家事などにも悪影響が出てきますし、日々の疲れもとる事ができなくなってしまいます。

現在、この不眠症・睡眠障害の悩みを抱えている人は実に多く、特に20代といった若者の中で不眠症に陥っている人は多くいるようです。

そんな睡眠障害に陥りやすい人にはある特徴があるんですね。性格によっても睡眠障害になりやすい人とそうではない人がいます。

では睡眠障害になりやすい人とはどういう性格になるのでしょうか。

睡眠障害に陥りやすい性格

睡眠障害で悩んでいる人の特徴を見ていると、

・神経質の人
・完璧主義の人
・几帳面の人
・責任感が強い人
・周りの目が気になってしまう人

というような共通点があります。

こうした性格の人は寝る前についつい考え事をしてしまう傾向にあり、寝る時間でも脳の働きを活発にさせてしまうんです。

寝ようと思ってベットに入ってもなかなか寝付く事ができず、もし寝れたとしても脳が活発になっているため深い睡眠に入る事ができなく、寝た気がしない、熟睡感がないというような睡眠障害に陥ってしまうでしょう。

逆にマイペースな人や楽天的な人など、いつも考え事をしてしまう神経質の人の性格とは対照的な人は睡眠障害になりにくい傾向にあります。

寝る時もなにも考えずに睡眠に入る事ができ、脳の働きが落ち着いた状態で眠りにつくことができるんですね。睡眠も深く、しっかり熟睡感を得る事ができます。

仕事の種類によっても睡眠障害を発症する確率は変わる

性格と同様に仕事の種類によっても睡眠障害を発症してしまう確率は変わります。

睡眠障害になりやすい職業を挙げてみると、

・医師や看護師
・1日中パソコンと向き合う仕事
・ノルマがあったり、数字追われる営業の仕事
・責任感が必要な管理職

などのお仕事は睡眠障害を発症しやすいお仕事になると言われています。

特に医師や看護師のお仕事は睡眠障害を発症する確率は高いです。

医師や看護師のお仕事は患者さんの命を預かるお仕事です、常にプレッシャーを感じながら仕事をしなければいけません。また、緊急時には時間関係なく仕事をしなければいけないので生活リズムも不規則になってしまいます。多くのストレスも溜めこんでしまう事でしょう。

そんな生活が続いてしまうと肉体的だけではなく精神的な負担も増え、睡眠障害に陥りやすくなってしまうんですね。

睡眠障害で悩んでいる方におすすめのサプリ

上記でご紹介してきたように睡眠障害の原因が性格やお仕事にある場合も十分に考えられます。

ただ、性格やお仕事に関しては今すぐに変える事はできませんよね。性格を変える事はほぼ無理でしょう。仕事も転職をすれば変える事はできますが、そう簡単に転職を行う事はできないですよね。

ですので、睡眠障害の発症をできるだけ抑えるという意味で日頃から睡眠障害対策を行なってほしいと思います。寝る前の生活習慣を改善したり、睡眠環境を整えたりなど、日頃から対策を行う事で睡眠障害は防ぐ事ができます。

また、今では睡眠障害で悩んでいる方向けのサプリも数多くあります。睡眠サプリを日頃から利用する事で睡眠をサポートする事ができるので現在、睡眠障害で悩んでいる方には睡眠サプリを利用して睡眠をサポートする事も検討してもらいたいと思います。

⇒睡眠障害を防ぐ事ができるサプリ一覧はこちら!

ページTOPへ