不眠症の原因 記事一覧

ストレス
不眠症になる方の多くがストレスが原因だと言われています。ここでは睡眠とストレスの関係をご紹介しています。睡眠とストレスは大きく関係しています。
生活リズム
不眠症の発症には様々な原因が考えられます。不眠症を発症する原因な中で最も多いのがストレスです。その次に多いのが生活リズムの乱れから不眠症を発症する事です。
寝る前に明るい光を浴びる
現在、寝ようとしてもなかなか寝付く事ができないという方、寝つきが悪い方が多くいるといいます。私も不眠症を改善するまでは布団に入っても全然眠る事ができない一人でした。
食生活
不眠症を発症している方の中には食生活を見直す必要がある方も多いと聞きます。食生活と睡眠の関係とはどのようなものなのでしょうか。ここでは睡眠と食生活についてご紹介しています。
身体的要因
不眠症を引き起こす原因には様々な要因があります。ここでは不眠症を引き起こす原因のひとつでもある身体的な要因についてご紹介しています。身体的な要因というのは、身体になにかしらの疾患があり、その疾患が原因で眠れなくなる事を言います。
生理学的要因
自分の周りの環境やその環境の変化などが原因で不眠症になる場合もあると言います。例えば寝室環境。騒音や温度、湿度などが原因で寝れないといった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
心理的要因
ストレスなどの精神的な問題で不眠症を発症する場合があります。これを心理的要因と言います。ストレス以外にも将来的な不安や対人関係、仕事上の問題、などの事も心理的要因に挙げられます。
精神医学的要因
精神疾患を患っている方は不眠症になりやすいと言います。うつ病や神経症、統合失調症などは睡眠に大きな影響を与えてしまい、これらの精神疾患が原因で発症する不眠症を精神医学的要因と言います。
肩こりも不眠症の原因!?
睡眠障害や不眠症の原因は主にストレスや不安などの精神的要因や睡眠環境や寝具による原因がよく言われますが、他にも肩こりが不眠症の原因になっている事はご存知でしょうか。
環境が変わると不眠になりやすい?
自分の周りの環境の変化が睡眠に大きな影響を与えているかもしれません。実際に生活環境の変化や睡眠環境の変化で不眠症を発症してしまう人も多いんですね。

ページTOPへ