不眠症になる原因で最も多いのがストレス

睡眠とストレスの関係

不眠症になる方の多くがストレスが原因だと言われています。

ここでは睡眠とストレスの関係をご紹介しています。

睡眠とストレスは大きく関係しています。

現在、ストレスを多く抱えている方はしっかり睡眠をとる事ができているでしょうか。

人間はストレスを感じると脳が緊張したり興奮したりすると言われています。

緊張したり興奮したりすると脳に強い刺激を与える事になります。

ストレスを感じ脳に強い刺激を与えた状態で睡眠に入ると寝つきが悪くなったりします。

また、人間の睡眠は90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していると言われています。

ストレスを抱えたままの状態で睡眠に入るとこのレム睡眠とノンレム睡眠の周期を壊してしまう事もあると言います。

寝れない状態が続くと余計にストレスがたまり悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

寝れない日が続くと不眠症を発症してしまう可能性も十分にありますので不眠症になる前になにか対策を考えなければなりません。

対策としては睡眠前にリラックスできる環境を作る

まず、睡眠に入る際にはストレスを解消する事が必要になります。

しかし、人間は常に悩みや不安、ストレスを抱えているといいます。

睡眠に入る際にこれらの全てを解消する事は難しいと言われています。

では、どうすればいいのでしょうか。

対策としては睡眠前にリラックスできる環境をつくる事が重要になってきます。

ここで、いくつか睡眠前にリラックスできる方法をご紹介します。

・軽いストレッチを行う
・リラックスできる音楽を聴く
・夜は明るい照明を使わず関節照明のみにする
・寝る前の飲食は避ける
・寝る前の携帯電話・パソコンの使用を避ける
・読書をする
・アロマ
・半身浴

などが挙げられます。

睡眠前に行ってはいけない行動

上記で述べた中でも特に注意してほしいのは、寝る前に携帯電話・パソコンを使用する事と寝る前の飲食です。

この2つの項目は、脳を活性化させ脳が興奮状態になる可能性もあります。

脳が興奮している状態では眠りに入る事が難しくなり寝付けるまでに時間がかかってしまう可能性があります。

最低でも睡眠に入る1時間前には上記で挙げた項目を意識してリラックスできる環境を作る事をおすすめします。

上記でご紹介したように、睡眠とストレスは密接な関係にあると言えます。

ページTOPへ