食生活が不眠症を発症する原因になる

食生活と不眠症の関係

不眠症を発症している方の中には食生活を見直す必要がある方も多いと聞きます。

食生活と睡眠の関係とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは睡眠と食生活についてご紹介しています。

規則正しい生活をする事は不眠症を改善する際には必須になる項目です。

例えば、1日に3食取る事が理想とされている食事を1食でも抜いてしまうと体内時計が狂う可能性があり生活リズムも崩れる可能性があります。

生活リズムが崩れるという事は寝る時間になっても寝れないという事に繋がってしまいます。

また、1日に何度も食事をする事も不眠症を引き起こす原因になります。

特に寝る前の食事は控えた方がいいでしょう。

食事をする事で胃が消化をするために活発に活動しはじめます。

その事で身体が睡眠に入る準備ができなくなり不眠症を発症してしまうという事になります。

最低でも寝る前の2時間~3時間は食事をする事を控えましょう。

睡眠に良くない食事

そして、睡眠によくない食事もあります。

特に塩分を多く含む食事には注意が必要です。

塩分を多く摂取してしまうと高血圧の原因にもなります。

高血圧は睡眠に悪影響を及ぼすとも言われており、不眠症を発症する原因にもなります。

日ごろから塩分の多い食事をしている方は注意が必要になります。

また、寝る前のアルコールやカフェインを摂取する事も不眠症を引き起こす可能性があります。

アルコールを摂取する事で身体がアルコールを分解しますので身体は寝る事ができなくなり、睡眠に入れなくなります。

そして、アルコールは時間が経てば脳を刺激すると言われています。

そのため夜中に何度も目がさめ深い眠りにつく事ができなくなります。

カフェインは脳を活発にする覚醒作用があると言われていますので寝つきが悪くなる可能性があります。

睡眠をサポートしてくれる食事

逆に、睡眠をサポートしてくれる食事もあります。

この睡眠をサポートしてくれる食事を意識して摂取する事により質の良い睡眠を取る事ができるようになります。

以下でご紹介する食材には睡眠に必要な成分でもあるトリプトファンという成分が多く含まれている食材になります。

トリプトファンを摂取する事によってセロトニン・メラトニンという睡眠には欠かす事のできない成分が体内で生成されるようになります。

トリプトファンが多く含まれる食材
・マグロ、カツオ
・牛肉、豚肉、鶏肉
・牛乳、卵、豆乳、ヨーグルト、チーズ
・バナナ

このように睡眠と食事は密接な関係で繋がっており、規則正しい食生活を心がける事で不眠症の対策や改善に大きく繋げる事ができます。

現在、不眠症で悩まされている方の中で不規則な食生活を送っている方は食生活を見直す必要があると言えます。

ページTOPへ