不眠症を引き起こす身体的な要因とは

疾患が原因で眠れなくなる

不眠症を引き起こす原因には様々な要因があります。

ここでは不眠症を引き起こす原因のひとつでもある身体的な要因についてご紹介しています。

身体的な要因というのは、身体になにかしらの疾患があり、その疾患が原因で眠れなくなる事を言います。

例えばアレルギーなどによる痒みが原因で眠る事ができなかったり、喘息をお持ちの方は咳で眠る事ができなくなったりします。

主な身体的な要因というのは、

・心疾患
・呼吸器疾患
・消化器疾患
・内分泌代謝疾患
・脳神経障害
・皮膚疾患
・睡眠関連運動障害

などの疾患をお持ちの方は不眠症になりやすい事がわかっています。

上記でご紹介した疾患が原因で不眠症を発症している方は、まずは疾患を治す事が優先になります。

どうしても眠る事ができないという場合には担当の医師に相談してみるといいでしょう。

睡眠薬に頼ってはいけない

しかし、ここで注意してもらいたい事があります。

それは睡眠薬を使用するという事です。

身体に疾患がある方は医療機関に通院している訳ですから睡眠薬を処方してもらう事もできます。

眠る事ができないからといって睡眠薬を飲む事は逆に不眠症を悪化させる可能性もあります。

睡眠薬に頼ってばかりいると睡眠薬を飲まなければ眠る事ができない身体になってしまう事もあるので睡眠薬を飲む事だけはおすすめできません。

グリシンを摂取して眠りを深くする

ですので、何かしらの対策が必要になります。

睡眠サプリを飲んで熟睡ができるようにしたり、寝室環境を改善するなどの対策をする事をおすすめします。

当サイトでおすすめしている睡眠サプリのひとつ、ネ・ムーン プラスという睡眠サプリには熟睡をサポートしてくれるグリシンという成分が含まれています。

グリシンを日頃から摂取する事で深い眠りに入る事ができ、疾患を患っている方でも症状を気にしないで眠る事ができる可能性があります。

ネ・ムーン プラスはサプリメントになるので副作用はありませんが、疾患によっては摂取すると危険な成分が含まれている可能性もあるのでネ・ムーン プラスを利用する際には担当の医師に相談してみてください。

⇒ネ・ムーン プラスの詳細はこちら!

ページTOPへ