不眠症を引き起こす生理学的要因とは

生活環境の変化などが影響して起こる不眠症

自分の周りの環境やその環境の変化などが原因で不眠症になる場合もあると言います。

例えば寝室環境。

騒音や温度、湿度などが原因で寝れないといった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

他にも引っ越しや時差ボケ、入院、寝具を買えた時にその環境に馴染めずなかなか寝付く事ができない、熟睡する事ができないといった経験がある方もいるでしょう。

上記でご紹介してきた生活環境の変化などが影響して起こる不眠症の原因を生理学的要因と言います。

もし、生活環境の変化でなにか睡眠に影響が出た場合は早めの対応をする事をおすすめします。

1日や2日で通常の睡眠を取り戻す事ができれば良いですが、何日も続いてしまうと不眠症を発症してしまう可能性もあります。

質の良い睡眠を取るには寝室環境も大切になってきます。

温度や湿度、騒音などに問題がある場合は温度や湿度を調整したり、騒音防止ができるカーテンを使用したりする事をおすすめします。

太陽の光を浴びてセロトニンを生成する

引っ越しや時差ボケ、入院が睡眠に影響を与えている時は無理に寝ようとはせずに昼間に太陽の光をしっかり浴びるといいでしょう。

太陽の光を浴びる事で体内時計がリセットされます。

また、太陽の光を浴びると体内でセロトニンが生成されます。このセロトニンは睡眠に必要な成分になり、セロトニンをしっかり生成する事ができます。

セロトニンを生成する事ができればメラトニン(睡眠ホルモン)を多く分泌する事ができるので夜になると自然に眠りにつく事ができるようになります。

太陽の光を浴びる事にプラスして運動などを取り入れるとよりセロトニンを生成する事ができるといいます。

ランニングやウォーキングなど一定リズムで行われる運動がセロトニンを生成するには良いとされています。

無理に生活リズムを直そうとしてしまうと余計に生活リズムを乱してしまう可能性もあります。

自然に生活リズムが直る場合もあるのであまり考えすぎない事も大切になってきます。

ページTOPへ