不眠症を引き起こす心理的要因とは

ストレスや不安がで原因で起こる不眠症

ストレスなどの精神的な問題で不眠症を発症する場合があります。

これを心理的要因と言います。

ストレス以外にも将来的な不安や対人関係、仕事上の問題、などの事も心理的要因に挙げられます。

心理的要因で不眠症を発症する方は多くおり、ひどい場合ではうつ病にまで発展する事もあるようです。

現在はストレス社会とも言われており、多くの方が仕事や家庭でのストレスや不安を抱えて生活をしていると聞きます。

ストレスや不安を抱えていると寝る時についつい考え事をしてしまい、考えれば考えるほど睡眠に入れなくなってしまうと言います。

ストレスは脳を覚醒する作用があり、睡眠に入りたくても脳が起きてしまっている状態なので睡眠に入る事ができなくなってしまいます。

このような心理的要因で発症する不眠症で多いのが入眠障害です。

入眠障害とは睡眠に入る事が困難になる不眠症になります。

不眠症を発症していない人は睡眠に入る際に必要になる時間は多くて30分になると言います。

しかし、入眠障害を発症している場合、睡眠に入るまでに1時間以上かかってしまうようです。

この入眠障害を発症している方は多くおり、特に若い世代の方に多いと聞きます。

脳をリラックスさせる事が重要

先ほども述べましたが現在、ストレスや不安を多く抱えている方が多くいます。

ストレスが原因で不眠症を発症してしまうのでなにかしらの対策を行なう必要があります。

ストレスを発散させて不眠症を改善する方法で効果的なものがアロマテラピーや睡眠音楽などになります。

アロマテラピーや睡眠音楽には脳をリラックスさせる効果を期待する事ができます。

脳がリラックスする事でストレスからも解放され、脳も睡眠に入る準備を行なうので自然と睡眠に入れるようになります。

脳がリラックスする事で脳では睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンという成分が分泌されます。

このメラトニンの分泌が多ければ多いほど睡眠に入りやすくなります。

アロマテラピーや睡眠音楽以外にも自分がリラックスできる方法でも脳をリラックスさせる事ができるの自分でなにかリラックス方法がある場合は睡眠に入る前に取り入れる事をおすすめします。

ページTOPへ