女性ホルモンと睡眠の関係

女性ホルモンの分泌量が変動する事で睡眠リズムも崩れる

不眠症や睡眠障害で悩んでいる人は女性の方が多い傾向にあります。

なぜ女性の方が多い傾向にあるのかというと女性ホルモンが睡眠に大きな影響を与えているからです。

月経や妊娠・出産、更年期によって女性ホルモンの分泌量が変動し、睡眠のリズムが乱れてしまい不眠症や睡眠障害を発症してしまいます。

特に月経や妊娠・出産、更年期、年齢によって女性ホルモンの分泌が大きく変わる女性は不眠症や睡眠障害を発症しやすくなります。

女性の月経周期は卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2つの女性ホルモンによってコントロールされています。

月経前や排卵後にかけて分泌が増える黄体ホルモンには睡眠を促してくれるという性質があります。
一方、卵胞ホルモンには睡眠を妨げてしまう性質があり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが崩れてしまうと睡眠のリズムも大きく変わってしまい、夜寝れなかったり昼に眠くなったりしてしまう症状が出てしまいます。

睡眠のリズムが崩れる事で睡眠不足になり、生活リズムも変わってくるので生活にも支障がでてきます。
そして、十分な睡眠・質の高い睡眠がとれないという事でストレスも溜まりやすく余計に不眠症や睡眠障害を悪化させてしまい悪循環になってしまいます。

不眠症や睡眠障害を放置していると最悪の場合、精神疾患になってしまいうつ病なども発症してしまうケースも考えられるので早めの対策が必要になります。

女性の不眠症・睡眠障害対策方法

女性の不眠症・睡眠障害対策としておすすめできる方法は女性ホルモンとうまく付き合っていく事です。

まずは自分の睡眠状態を良く把握しましょう。

1日何時間寝ているのか、自分には何時間の睡眠が必要なのか、睡眠中に目が覚める事があるのか、など自分の睡眠状態をしっかり把握しましょう。

そして、自分の月経周期についてもしっかり把握し、月経が近づいてきたらしっかり対策をする事で不眠症・睡眠障害の対策・防止をする事ができます。

月経が近づいて女性ホルモンの分泌が増えてきたと思ったら睡眠前にリラックスできる環境をつくり、身体がすぐに眠る事ができるようにしましょう。

睡眠前に行うリラック方法には読書、音楽鑑賞、アロマテラピー、軽い運動、ぬるま湯のお風呂に入る等があります。
自分に合ったリラック方法を見つけ睡眠前に実施する事をおすすめします。

他にも睡眠サプリを利用するという方法もあります。

最近、不眠症で悩んでいる方の多くが利用している睡眠サプリは不眠症の対策・改善に大きく役に立ってくれるものになります。

女性向けに開発された睡眠サプリもあるので、こうした睡眠サプリを日頃から摂取し不眠症・睡眠障害対策をする事もおすすめです。

ピースナイトは女性向けに開発された睡眠サプリになり『質の高い休息』をサポートしてくれます。

現在、不眠症や睡眠障害で悩んでいる女性の方におすすめできる睡眠サプリになります。

⇒ピースナイト公式サイトはこちら!

ページTOPへ