寝る前に身体を温めて質の高い睡眠を確保する

身体が温まるとメラトニンの分泌が増える

女性にとって睡眠は大切なものになります。

睡眠不足が続くとお肌にも影響がでてきますし、身体の健康や美容に悪影響を及ぼしてしまいます。

近年では不眠症や睡眠障害を発症している女性も増えてきており、しっかり睡眠を確保できていない女性が多くいると聞きます。

睡眠をしっかりとるには様々な方法があります。

その中でも女性におすすめできるのが寝る前に身体を温める事です。

身体が冷えてなかなか寝付けない女性も多いと思います。
冷え性が原因で不眠症を招く事もあります。

なぜ寝る前に身体を温める事がいいのかというと、身体を温める事で体内では睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンの分泌が増え、身体と脳が寝る準備を始め、睡眠を誘導してくれます。

睡眠にも入りやすくなりますし、質の高い睡眠をしっかりサポートする事ができ、不眠症や睡眠障害を改善する事ができます。

ここでは効果的に身体を温める方法をご紹介しています。

現在、不眠症や睡眠障害で悩んでいる方は寝る前に身体を温める事を実践して質の高い睡眠を確保してほしいと思います。

身体をしっかり温める方法

40℃前後のぬるま湯に20分程度浸かり、身体を芯からしっかり温める事が最もおすすめできる方法です。
冬などの寒い時期は43℃くらいのお湯で身体を温めるといいでしょう。

全身欲よりも半身浴の方が身体をしっかり温める事ができます。
この時に足の指をグーパーするなど動かしてみると足のむくみや冷え性を解消する事もできます。

お風呂に浸かる事は身体全身の血行促進の効果もあるので身体の体温を上げる事ができます。

この時に気を付けたい事は高温のお湯には浸からないという事です。

身体を温めたいという事で高温のお湯に浸かる方もいると聞きますが、高温ですと逆効果で脳と身体が目覚めてしまい、眠気がいっきに吹き飛んでしまいます。

寝る前にお風呂に入る時は45℃以上のお湯ではなく40℃前後のお湯に長時間浸かり、ゆっくり体を温めた方が体温もしっかり維持する事ができます。

他にもホットミルクや温かいカモミールティーを飲む事や軽いストレッチをする事もおすすめできます。

ホットミルクや温かいカモミールティーにはリラックス効果があり、メラトニンの分泌を促してくれます。
軽いストレッチには身体の体温を上げる効果を期待する事ができ、ストレッチもメラトニンの分泌を促してくれます。

ポカポカ成分が含まれている『潤睡ハーブ』

睡眠サプリを利用して身体を温める方法もあります。

現在、不眠症や睡眠障害で悩んでいる方向けに多くの睡眠サプリが開発・販売されています。

メラトニンの分泌を促してくれる成分やリラックス効果を期待できる成分が含まれており、質の高い睡眠をサポートしてくれて不眠症や睡眠障害の改善に役に立ちます。

睡眠サプリのひとつ『潤睡ハーブ』には金時しょうがの成分が含まれており、手足の冷えや冷え性に効果を発揮してくれます。

寝る時は身体が温かくても時間が経てば手足が冷えてしまい睡眠中に目が覚めるしまう方も多いと思います。

このように冷えは睡眠の大敵になるものですが、金時しょうがのポカポカ成分が身体を冷えから守ってくれます。

女性にとって金時しょうがのポカポカ成分は心強い味方になってくれます。

⇒潤睡ハーブ公式サイトはこちら!

現在、冷え性が原因で不眠症・睡眠障害を発症している方は睡眠サプリ『潤睡ハーブ』のポカポカ成分に頼ってもいいのではないでしょうか。

初回限定で通常価格の66%OFFで購入する事ができるので試す価値は十分にあると思います。

ページTOPへ