妊娠中に不眠症・睡眠障害を引き起こす原因

女性ホルモンのバランスが崩れる

妊娠中の方で不眠症や睡眠障害に悩まされている方は多いと聞きます。

妊娠中はしっかり休養を取る事が大切になるのですが、夜なかなか眠る事ができない、眠りが浅い、など。
睡眠を十分にとれない事で日中の生活にも支障が出てきますし、身体にも疲労やストレスなど大きな負担がかかります。

お腹にいる子供にとっても悪い影響を与えてしまうのでしっかり不眠症対策・睡眠障害対策を行い、十分な睡眠を取る事が大切になります。

なぜ妊娠中に不眠症や睡眠障害を発症してしまうのかというとホルモンバランスの変化によるものが原因になると言います。

女性の身体はプロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンが分泌されており、この2つの女性ホルモンがうまくバランスをとって睡眠リズムなどを均一に保っているのですが、妊娠中は『エストロゲン』の分泌が増えてしまい、女性ホルモンのバランスが崩れ、睡眠リズムなども乱れてしまうと言います。

プロゲステロンには睡眠を促す効果を期待する事ができるのですが、エストロゲンには睡眠を妨げる効果があります。

エストロゲンの分泌が増えてしまう妊娠中に不眠症や睡眠障害を引き起こすのはこれが原因だと言われています。

このエストロゲンの分泌が増える事は赤ちゃんを育てるために、産むために必然的に起こる事で妊婦さんが赤ちゃんを育てるための身体の準備をしているからだと言います。

特に妊娠中期に入るとこのエストロゲンの分泌は多くなり、妊婦さんが不眠症や睡眠障害を引き起こすのは妊娠中期が多くなります。

妊娠中の不眠症・睡眠障害対策

妊娠中期の不眠症や睡眠障害対策としておすすめできるのが寝る前に身体と脳をリラックスさせてあげる事です。

睡眠前には淡い照明の中で音楽鑑賞や読書、アロマテラピーを行うと脳と身体がリラックス状態に入り、自然と眠りに入る事ができます。

リラックス状態のまま睡眠に入る事ができればメラトニンと言われる睡眠ホルモンが体内で分泌され質の高い睡眠を取る事ができるようになります。

十分な睡眠をとる事ができるので身体をしっかり休ませる事ができお腹の中の赤ちゃんにも良い影響を与える事ができます。

他にもぬるま湯に長時間浸かる事も効果的です。

妊娠中は身体の血行が悪くなる傾向にあります。
特に足からの血行が戻りにくくなってしまうと言います。

ぬるま湯で身体全体を温める事で血行も良くなり、身体と脳をリックス状態に持っていく事ができます。

逆に気を付けたい事は寝る前に明るい光を浴びない、食事をしない、という事です。

これらの事は脳と身体を活発にさせてしまいます。

携帯電話やパソコンなどの明るい光には脳を覚醒させる働きがあります。

脳が活発な状態では当然眠りに入る事はできません。睡眠の質にも影響してくるので注意が必要です。

また、寝る前に食事する事で身体が消化作業に入るため身体が起きている状態になります。

この事も睡眠の質を下げる原因になるので睡眠前に食事を摂る事は避けましょう。

妊娠中の不眠症や睡眠障害に悩んでいる方には上記でご紹介してきた事を実践し、対策をしてもらいたいと思います。

冒頭でも述べましたが、十分に睡眠がとれなくなると妊婦さんの身体には大きな負担がかかってしまいます。
お腹の中の赤ちゃんにも悪い影響になるのでできるだけ質の高い睡眠をとれるように心がけていきましょう。

ページTOPへ