睡眠に関する悩みを抱えている働く女性が増えている

働く女性の平均睡眠時間は6時間前後

現在では女性が中心で働いている企業も多くあり、昔と比べて働く女性は増加傾向にあります。

毎日、夜遅くまで残業をしている女性も多くいるのではないでしょうか。

男女問わず働く人たちは仕事の影響でストレスなどを多く抱えている方も多く、どうしても睡眠不足になりがちです。

身体は疲れているのになかなか眠る事ができない、寝ても疲れを取る事ができない、朝起きた時に熟睡感がないなど睡眠に関する悩みを持っている方は多くいると聞きます。

こうした悩みを抱えている方は不眠症を発症している可能性が高いので対策をしっかり行い不眠症を改善する必要があります。

特に女性にとって不眠症や睡眠不足は大敵になるものです。
身体にも不調がでてきますし、お肌にも悪い影響を与えてしまいます。

働く女性が多くなってきているのと同時に不眠症で悩む女性も多くなってきています。

現在の働く女性の平均睡眠時間は6時間前後になると言います。

女性の睡眠時間がなぜこれだけ短いのかというと、仕事以外にもしなければいけない事が多々あります。

男性と違って女性はお肌のケアなど美容にも時間がかかります。朝も化粧する時間が必要になります。
また、家事や育児をしている女性ですと家事や育児もこなさなければいけません。

そのため睡眠時間がどんどん削られてしまい、上記でご紹介した平均睡眠時間になってしまうようです。

睡眠は量よりも質、質の高い睡眠を心がける

しかし、この6時間という睡眠時間が長いのか、短いのかは人それぞれによって異なってきます。

睡眠時間が6時間未満で十分なショートスリーパーの方もいますし、8時間以上寝ないとダメなロングスリーパーの方もいます。

短い睡眠時間で生活をしている方は睡眠の質が高い傾向にあります。

睡眠というのは量よりも質と言われる事が多く、睡眠の質が高ければ短い睡眠時間でも十分な睡眠をとる事ができると言います。

現在、働いている女性で睡眠時間を十分に確保できていない方は睡眠の質を高めてあげるといいでしょう。

睡眠の質を高めてあげる事ができれば短い睡眠時間でも熟睡感を得る事ができ、疲労をしっかり回復する事もできます。

睡眠前の環境などをうまく改善して質の高い睡眠をとれるように心がけるようにしましょう。

睡眠前に脳と身体をリラックス状態し、メラトニンの分泌を増やす

質の高い睡眠を得るためにも睡眠前に脳と身体をリラックス状態に持っていき、体内でのメラトニン(睡眠ホルモン)の分泌を増やしてあげましょう。

メラトニンには睡眠を促してくれる効果があり、メラトニンの分泌が多ければ多いほど自然と睡眠に入る事ができ、質の高い睡眠も得る事ができます。

睡眠前にぬるま湯に長時間浸かる、淡い照明の中で音楽鑑賞・読書・アロマテラピーなど、の事を行えば脳と身体をリックス状態へもっていく事ができます。

十分な睡眠がとれていない、これ以上睡眠時間を増やす事ができない、という女性の方はまず睡眠の質を高くする事を心がけてもらいたいと思います。

上記でご紹介してきた睡眠の質を上げる方法は不眠症や睡眠障害にも効果的ですので、不眠症や睡眠障害で悩んでいる女性もおすすめできる方法になります。

ページTOPへ