睡眠効果があるアロマテラピーを使って不眠症対策

寝る前には脳をリラックスさせることが必要

寝つきを良くし、快眠をするために必要になる事は睡眠に入る前に脳をリラックスさせることです。

脳をリラックスさせる事で身体が睡眠に入る準備をしてくれて寝つきが良くなり、質の良い睡眠を取る事ができるようになります。

不眠症の方の多くが睡眠を取る際にストレスや不安から考え事などをして脳が活性化されていると聞きます。

睡眠に入る前に脳をリラックスさせる事は十分な不眠症の対策・改善に繋がります。

脳がリラックスする方法としては、音楽を聴く、淡い光を浴びるなどありますが、ここでは脳をリラックスさせる方法のひとつでもあるアロマテラピーについてご紹介しています。

アロマテラピーはリラックス効果があるため睡眠に入る際に寝つきが良くなる効果が高い方法です。

このアロマテラピーは私も現在寝る前には必ず行っている事なのですが、本当にリラックスをする事ができます。

アロマの香りは心身をリラックスさせる効果がある

そもそもアロマテラピーというのはなんなのでしょうか。

アロマテラピーは植物の香りの力を借りて心身をリラックスさせる事です。

アロマテラピーの使い方は様々で芳香浴法や沐浴法、吸入法などがあります。

おすすめな使い方は、睡眠に入る1時間前あたりからティシュやハンカチに3滴しみこませ香りを吸入しましょう。

寝る際にも枕元に置いて寝ると睡眠中もリラックスできるようになり、快眠ができるようになり質の良い睡眠を取る事ができるようになります。

睡眠に効果的な精油の種類はラベンダー、ゼラニウム、カモミール、オレンジ、ローマンだと言われています。

私は主にラベンダーの精油を使っています。

精油も様々な種類がありますので自分が最もリラックスできる香りの精油を使う事をおすすめします。

入眠障害の方にはアロマテラピーはおすすめできる不眠症改善方法

最近ではアロマテラピーは医療でも使われるようになっており、精神的に疲れている時やストレスがたまっている時にも効果があります。

睡眠をする前にリラックスする事は非常に重要になります。特に入眠障害の不眠症を発症している方にはおすすめできる不眠症対策・改善方法です。

私はいつもアロマテラピーをする際には寝室の照明をすべて淡い照明にして、リラックスできる音楽を聴きながらアロマの匂いを吸入しています。

30分~1時間アロマの香りを吸引する事により心身共にストレスや不安から解放されリラックスできスムーズに睡眠に入る事ができます。

寝つきが悪い方にはアロマテラピーはおすすめできる不眠症対策・改善方法になるといえるのではないでしょうか。

ページTOPへ