音楽は脳に直接作用があり睡眠を促してくれる

リラックスできる音楽が睡眠に良い理由

快眠をするための方法のひとつに音楽を聴くという方法があります。

ここでは不眠症対策として私も毎日寝る前に行っているリラックスできる音楽を聴く事についてご紹介しています。

リラックスできる音楽は脳に直接作用があり、脳をリラックスさせ睡眠を促してくれる効果があります。

最近では睡眠用の音楽も多く販売されており、睡眠前にこういった音楽を聴いて不眠症対策を行っている方や日々のストレスや不安から解放されたい方がリラックスできる音楽を利用していると聞きます。

しかし、音楽だったらなんでもいいのかと言うとそうではありません。

間違った選曲をすると眠る事ができない可能性もあります。

ですので、音楽と睡眠の関係をしっかり理解する事が必要になります。

睡眠を促してくれる音楽に必要な事は、
・落ち着いた曲
・テンポが一定的
・BGM的なもの
・自然音が入っている
などが挙げられます。

以上の条件を満たしており、音楽を聴いていて自分がリラックスできる音楽を聴く事をおすすめします。

音楽が睡眠に良い理由としては、音楽を聴く事によって脳波がα波に切り替わり、脳と体がリラックス状態なり睡眠に入りやすくしてくれます。

脳に刺激を与えないくらいの音量で音楽を聴く

そして、気を付けなければいけない事は音量です。

音楽を聴く音量はかすかに聞こえるか聞こえないかくらいの低さで聴くようにしましょう。

いくら睡眠用の音楽だといっても大音量で聴いてしまうと脳に刺激を与え眠気が一気に覚めてしまいます。

また、音楽を聴く時間帯は睡眠に入る前の30分~1時間前が理想だと言われています。

脳がリラックス状態に切り替わるにはこのくらいの時間が必要だと言われています。

以上の事が音楽と睡眠の関係です。

音楽とアロマテラピーでより効果的になる

音楽にプラスしてアロマテラピーをするとより効果的で睡眠に入りやすくなります。

私も毎日睡眠に入る1時間前辺りからアロマテラピーをしながらリラックスできる音楽を聴いて睡眠に入る準備をしています。

睡眠中も音楽をかける事により朝までリラックスできる状態が続きますので眠った後も音楽をかける事をおすすめします。

睡眠に入る前にリラックスできる音楽を聴く事により不眠症の対策にもなりますし日々のストレスを発散する事も出来るようになります。

そして、快眠ができるようにサポートしてくれますので現在、不眠症で悩んでいる方や寝つきが悪い方、快眠をしたいという方には上記でご紹介した事を試してみる事をおすすめします。

ページTOPへ