ホットミルクは寝つきを良くする効果・効能がある

ホットミルクには睡眠に必要な成分が含まれている

睡眠に入る前に飲食は控えた方が良いのですが睡眠を促してくれる飲み物もあります。

ここでは寝る前のホットミルクについてご紹介したいと思います。

寝る前にホットミルクを飲むと寝つきが良くなり、よく寝れるという話をよく聞きます。

ホットミルクは本当に睡眠に良いのでしょうか。

はじめに結論からいいますとホットミルクは寝つきを良くする効果・効能があります。

睡眠前にホットミルクを飲む事も不眠症の対策・改善に繋がります。

乳製品にはトリプトファンという成分が多く含まれている

ホットミルクに限らず乳製品には睡眠に必要な成分『トリプトファン』という成分が多く含まれています。

このトリプトファンと言う成分が不足してしまうと寝つきが悪くなったり、熟睡する事ができなくなり不眠症を引き起こしてしまう可能性があります。

トリプトファンという成分の効果・効能は睡眠を促してくれるメラトニンと心身を安定させてくれるセロトニンと言う成分を体内で作り出してくれます。

このメラトニンとセロトニンも睡眠には欠かすことのできない成分になります。

上記でご紹介した2つの成分の土台になっているのがトリプトファンになります。

また、朝に毎日牛乳を飲む事も不眠症の対策・改善におすすめする事ができます。

毎朝、牛乳からトリプトファンを摂取し昼間に体内でトリプトファンからセロトニンが生成され、夜になったらセロトニンからメラトニンが生成されるサイクルを作る事ができます。

不眠症を改善するには継続してホットミルクを飲み続ける必要がある

このようにホットミルクには睡眠を促してくれる成分が入っている事になりますが、即効性があるのかと聞かれると即効性はあまり期待しな方が良いと思います。

トリプトファンを摂取してもセロトニンとメラトニンが生成されるには時間がかかります。

特にセロトニンが分泌されるのは太陽の陽がでている日中の時間になります。

ですので、ホットミルクで不眠症を改善するには継続してホットミルクを飲み続けなければなりません。

ただ、ホットミルクは暖かい飲み物という事で身体を温め、身体をリラックスした状態にしてくれます。

身体がリラックス状態になる事で脳が睡眠に入る準備をしてくれます。

このような事から、トリプトファンを多く含み、身体をリラックス状態にしてくれるホットミルクは寝る前に飲むと良いとされているのです。

ホットミルク以外にも鎮静効果があるカモミールティーも睡眠を促してくれる飲み物になります。

現在、寝つきが悪い方には是非試してもらいたいおすすめの快眠方法です。

ページTOPへ