寝室の環境も睡眠には大きく影響を与える

寝室の環境が整っていれば質の良い睡眠・快眠を得る事ができる

睡眠をする上で最も重要なのは寝室の環境です。

寝室の環境も睡眠には大きく影響を与えます。

寝室の環境が悪ければそれが原因で不眠症を発症する可能性もあるといいます。

寝室の環境がしっかり整っていれば質の良い睡眠・快眠を得る事ができるようになります。

現在、質の良い睡眠・快眠ができていない方はここでご紹介する内容と自分の寝室の環境を見比べてみてください。

見直さないといけない事が出てくる可能性があるかもしれません。

理想的な寝室環境

寝室環境で大切になる項目は、

・室温(20度前後が理想と言われています。)
・湿度(湿度は50%に保つ事が理想)
・騒音(物音ひとつしない環境が必要)
・光量(真っ暗になる環境が必要)

になります。

温度・湿度に関してはエアコンや加湿器などで調整するといいでしょう。

騒音は注意しなければならない事です。

少しくらいの物音が原因で不眠になる可能性もあります。

特に夜中は少しくらいの物音でもうるさく感じてしまいます。

時計の秒針が進む音さえ気になる事もあるのではないでしょうか。

理想的には寝室は全く音のない無音にする事です。

外の騒音がうるさい場合には、二重サッシや厚手のカーテンで騒音対策をする事をおすすめします。

光量に関しては寝室は真っ暗にする事が必要です。

少しくらいの明るさでも目が覚めてしまう可能性があります。

もし、真っ暗では寝る事ができない方は蛍光灯の明るい光ではなく間接照明などの淡い光で睡眠を取る事をおすすめします。

間接照明などの淡い光は脳をリラックスさせる作用があるので睡眠には適した明るさになります。

寝室環境を見直す事で質の良い睡眠・快眠に繋がる

また、枕の高さや布団の重さなども睡眠と大きく関係がありますので自分にあった枕や布団を見つける事も大切になります。

他にも睡眠用の音楽を聞きながら睡眠をとったり、アロマの香りを吸引しながら睡眠を取る事も快眠を取る方法のひとつになります。

寝室環境を整え音楽を聴いたり、アロマテラピーをするとより効果的になるでしょう。

以上の寝室環境を見直す事で質の良い睡眠・快眠に繋がります。

見直す点がある場合は見直してみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ