眠れない理由は『不眠症』だから

ストレスを多く抱えている方が不眠症に陥る傾向

現代病のひとつとも言われている『不眠症』で悩んでいる方は多くいます。

特に社会人でストレスを多く抱えている方が不眠症に陥る傾向にあると言います。

社会人にとって唯一休める時間が寝る時です。

不眠症になると休める時間が削られてしまい、余計にストレスが溜まる事に。
睡眠時間が短くなればなるほど疲れがとれなくなり次の日の仕事にも影響がもちろんでます。

このように不眠症になってしまうと悪い事ばかりが起きてしまいます。
不眠症をそのままにしているとうつ病をになってしまう可能性もあるので毎日しっかり睡眠をとるようにしましょう。

では、毎日しっかり睡眠をとるにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは『眠れない夜にサヨナラする方法』をご紹介しています。

ストレスや不安を抱えたまま睡眠に入らない

快眠をする際にまず大切になる事はストレスや不安を抱えたまま睡眠に入らないという事です。

ストレスや不安は脳を覚醒してしまう作用があるので寝ようと思ってベットに入っても睡眠に入る事は難しいです。

睡眠に入れたとしても脳が覚醒した状態ですので夜中に目が覚めてしまう事が多々起こります。

夜中に何度も目が覚めてしまっては熟睡感を得る事ができなく、疲れもとる事ができません。

脳をリラックスさせるには

睡眠に入る際にはできるだけ脳をリラックス状態にもっていき、体内でメラトニン(睡眠ホルモン)を分泌させましょう。
メラトニンの分泌が多ければ多いほどすぐに睡眠に入る事ができ、熟睡する事ができるようになります。

脳をリラックスさせる際に最も効果的なのがアロマテラピーや音楽鑑賞です。

アロマの匂いには脳をリラックスさせる働きがあり、睡眠前にアロマテラピーを行う事で自然と眠りに入れるようになります。

また、音楽鑑賞も脳をリラックスさせるためには効果的です。

最近では睡眠音楽が注目を集めており脳をリラックスさせる波長が含まれており音楽を聴くだけで脳をリラックス状態にもっていけます。

これらの事を睡眠に入る30分~1時間前に行うと寝つきも良くなりぐっすり寝る事ができるでしょう。

理想としては淡い照明の中で睡眠音楽を聴きながらアロマテラピーを行うとより効果的に脳と身体をリラックス状態へもっていく事ができます。

この時に注意したい事はパソコンや携帯電話を使用しないという事です。

寝る直前までパソコンや携帯電話を使用している人が多くいると聞きますが、パソコンや携帯電話の液晶から発せられる光にはブルーライトと呼ばれる光りが含まれています。

ブルーライトは太陽にも含まれている光で脳を覚醒させる作用があり、睡眠の大きな妨げになるものです。

睡眠前にはパソコンや携帯電話の使用は避け、睡眠に入りやすい環境を作ってあげましょう。

睡眠サプリで眠れない夜にサヨナラ

また、睡眠サプリの力に頼る方法もおすすめできます。

睡眠サプリには精神を鎮静化させる効果が期待できる成分が含まれており、睡眠サプリを日頃から摂取する事ができていればストレスや不安からも解放され、質の高い睡眠を手に入れる事ができます。

不眠症で悩んでいる方向けに開発されているので不眠症には効果的で睡眠サプリを利用して不眠症を改善できたという方も多くいると聞きます。

当サイトでもいくつかの睡眠サプリをご紹介しているのでどのようなサプリになるのか一度確かめてみる事をおすすめします。

⇒睡眠サプリ掲載ページはこちら

睡眠は人間にとって重要なものになります。

睡眠不足が続くと身体には様々な悪影響が出てしまいます。

毎日、元気よく過ごすためにもしっかり不眠症対策を行なって質の高い睡眠を取る事は必須になります。

現在、不眠症で悩んでいる方は上記でご紹介してきた事を参考にして不眠症を改善して頂きたいと思います。

ページTOPへ