寝たのに疲れがとれない理由は睡眠が浅いから

睡眠は量よりも質が肝心

長時間寝たのに朝起きた時身体がだるい。。。
疲れがとれていない。。。
熟睡感がない。。。

以前にこんな経験をされた方多いのではないでしょうか。

なぜしっかり寝ているのに寝た気がしないのか?
それは睡眠の質が悪いからです。

睡眠は量よりも質が肝心になります。

いくら長時間寝たとしても睡眠の質が悪ければ熟睡感を得る事はできませんし、疲れもとる事はできません。

よく、休みの日に『寝だめ』といって一日中寝ている方がいますが、これはなんの意味もない事になります。
生活リズムも大きく崩れる事になるので余計に質の高い睡眠をとる事が難しくなります。

長時間寝るよりも睡眠の質を高くするにはどうすればいいのかを考えましょう。

睡眠の質が悪い方はノンレム睡眠がとれていない

人間は寝ている時、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

レム睡眠は眠りが浅い睡眠状態でノンレム睡眠は眠りが深い睡眠状態になります。

睡眠に入るとレム睡眠が60分~80分に渡って出現し、その後にノンレム睡眠が10分~30分出現し、これが睡眠の1つのサイクルになります。

私達が睡眠をとっている時はこのサイクルが繰り返し行われています。

突然目が覚めたり、夢を見ている時はレム睡眠時になり、全く意識がない時はレム睡眠に入っている時になります。
このノンレム睡眠が多ければ熟睡感もしっかり得る事ができ、疲労回復もできると言います。

睡眠の質が悪い方はこのノンレム睡眠がとれていない方になります。

何かしらの理由で常に睡眠が浅く、レム睡眠の時間が長ければ夜中に何度も目が覚めてしまったりします。

その結果、熟睡感を得る事ができなくなり、朝起きた時に寝た気がしない、疲れがとれていない、スッキリ起きる事ができない、という事になってしまいます。

深い睡眠を得るためには脳と身体を完全に休ませる事が必要

深い睡眠を得るためには脳と身体を完全に休ませる事が必要です。

脳と身体のどちらかが起きている状態ですとレム睡眠状態になりノンレム睡眠に入る事が難しくなります。

脳と身体を完全に休ませるために寝る前の行動に気を付けなければいけません。

ストレスや不安、睡眠前の食事や飲酒は睡眠の大きな妨げになり、脳と身体の働きを活発にしてしまいますので睡眠前には脳と身体をリラックスさせる事が重要になります。

深い睡眠をとるには睡眠サプリが効果的

深い睡眠を得るには特に脳をリラックス状態にして睡眠に入る事が大切になります。

先ほども述べましたがストレスや不安は睡眠の大きな妨げになります。

人間はストレスや不安を感じると脳が緊張状態になり働きが活発になります。

この状態では睡眠に入る事が難しくなかなか寝付く事ができなくなります。

睡眠にストレスや不安を持ち込まないためにも寝る前に脳をリラックスさせてあげる事が大切になります。

最近では精神を鎮静化させる効果が期待できる睡眠サプリが不眠症や睡眠障害で悩んでいる方から注目を集めています。

当サイトでも複数の睡眠サプリをご紹介しているのですが、どの睡眠サプリにも脳を鎮静化させる効果、脳をリラックスさせる効果を期待する事ができ、不眠症対策をする事ができます。

寝る前に脳をリラックスさせる事ができれば体内で睡眠ホルモンの分泌が増え、自然に睡眠に入る事ができます。

睡眠中も睡眠サプリの効果が持続しますので深い睡眠を手に入れる事ができ、熟睡感を得る事ができます。

朝起きても熟睡感がない、寝ても疲れがとれない、などのお悩みをお持ちの方にとって睡眠サプリは心強い味方になってくれます。

⇒睡眠サプリランキングページはこちら

ページTOPへ