寝酒は睡眠の質を下げる

お酒を飲むと脳と身体が起きてしまう

よくお酒を飲むと寝つきが良くなる、お酒を飲むと眠くなる、という事で寝る前にお酒を飲む方がいます。

お酒を飲んでストレスを発散している方も多いと思います。

寝つきが悪い方やなかなか眠くならないという方、ストレスを多く抱えている方にとっては寝る前のお酒は心強い味方になってくれるものです。

しかし、実は寝る前のお酒は睡眠の妨げになっているんです。

ここでは寝酒がダメな理由をご紹介しています。

まず、結論から言いますと寝酒がダメな理由は睡眠が浅くなってしまうからです

確かにお酒にはストレスを発散させる効果や不安やイライラを和らげる効果を期待する事ができ身体と脳を眠りに入りやすい状態にする事ができます。

しかし、これは一時的なものでお酒を飲んでから時間が立つと脳が覚醒しはじめます。

脳が覚醒する事で脳は睡眠に入る事ができなくなり、眠れていたとしても何度も目が覚める、常に睡眠が浅い状態になる、という事が起こってしまいます。

また、身体もアルコールの分解を始めるので身体も活動状態になり身体を休める事ができなくなってしまいます。

これでは深い睡眠を得る事ができなくなり、たとえ長時間寝たとしても身体の疲労をとる事はできないでしょう。

質の高い睡眠を得るためには深い睡眠に入る事は必須になります。

睡眠の質が悪いという事で熟睡感も得る事ができなくなり日中に眠気に襲われる事が多くなります。

上記でご紹介してきたように寝酒は睡眠の妨げになり、睡眠の質を大きく下げてしまいます。

寝酒はただ寝つきが良くなるというだけで睡眠自体には悪影響になる事です。

睡眠サプリで睡眠に入りやすい身体作りをする

現在、寝る前にお酒を飲んでいるという方は極力寝酒は控えるようにして違う方法で睡眠に入りやすい身体作りをしてあげましょう。

近年では不眠症に悩まされている方も多く様々な睡眠サプリや不眠症サプリが販売されています。

この睡眠サプリには睡眠をサポートしてくれる成分が豊富に含まれており、日頃から摂取する事ができれば寝つきが悪い事を改善する事ができます。

当サイトでも複数の睡眠サプリ・不眠症サプリをご紹介しているので一度どのようなサプリなのかを確認してみる事をおすすめします。

⇒睡眠サプリ・不眠症サプリ紹介ページはこちら!

また、睡眠サプリの摂取と併行して睡眠前に身体と脳がリラックスできる時間を作ってあげるとお酒に頼らなくても自然と睡眠に入る事ができます。

読書や音楽鑑賞、アロマテラピー、軽いストレッチなど自分がリラックスできる方法を見つけ、睡眠前に実践してもらいたいと思います。

ページTOPへ