夏の寝れない理由は『睡眠環境』

質の高い睡眠をとるには温度や湿度も大きく関係

蒸し暑い夏の時期に思うように睡眠をとれない経験をお持ちの方は多いと思います。

夏に寝れない理由はやはり『暑さ』になります。

質の高い睡眠をとるには温度や湿度も大きく関係し、快適な環境で睡眠をとれないという事が寝れない理由になります。

寝れない日や十分な睡眠がとれない、睡眠の質が悪い、という日が続いてしまうと疲労をしっかり回復させる事ができなくなり、体調も崩しやすくなり。

また、そこから不眠症を発症してしまうケースもあるので少しでも寝れない日が続くと思った時は早急に対策を考えましょう。

睡眠環境を改善する事が大切

夏に不眠を招く大きな原因は睡眠環境です。

暑い、ジメジメしている、逆にエアコンが効きすぎて寒い、など睡眠を妨げてしまう要因が多々あります。

まずは自分の睡眠環境を改善する事が大切です。

部屋の温度や湿度、寝具や寝衣から見直していきましょう。

特に重要になるのは部屋の温度と湿度です。

快適な睡眠環境の温度は25℃前後、湿度は50%~60%になると言います。

夏ですとエアコンをつけていなければ部屋の温度は30℃前後になり、睡眠をとる時には暑すぎる睡眠環境になります。

逆に部屋の温度を下げ過ぎてしまう事もよくありません。

暑いからといってエアコンで部屋の温度を下げ過ぎてしまうと急激な温度の変化によって自律神経も大きく乱れしまい、睡眠に入りずらい身体になってしまいます。

また、身体の冷えは睡眠の大敵にもなる事なのでエアコンを使用する際には適度な温度になるように調節する事が大切になります。

暑い夏を乗り切るためにも十分な睡眠が必要

先ほども述べましたが快適な睡眠環境の温度は25℃前後、湿度は50%~60%になります。

睡眠環境を整える時ははじめに気温・湿度を整え、その気温・湿度に合わせて寝具や寝衣も改善していきましょう。

暑い夏を乗り切るためには健康管理も大切になってきます。

体調を整えるには十分な睡眠をとる事は必須になります。

夏でも十分な睡眠を取れるように睡眠環境を改善し、睡眠環境を整え、質の高い睡眠を得てほしいと思います。

ページTOPへ