秋の不眠症の原因は自律神経の乱れ

夏から秋の季節の変わり目は不眠症を発症しやすい時期

季節の変わり目に不眠症に陥ってしまう方も多いと聞きます。

特に気温が大きく変わる冬から春、夏から秋の季節の変わり目は不眠症を発症しやすい時期になるので注意が必要です。

また、季節の変わり目は体調を崩してしまいやすい時期でもあり、体調を整えるためにも十分な睡眠をとる事は大切です。

季節の変わり目に不眠症にならないようにしっかり対策を行なっていきましょう。

ここでは秋の不眠症対策についてご紹介しています。

朝晩の温度差が大きく自律神経が乱れやすくなる

暑い夏から涼しくなり過ごしやすい時期になる秋。

しかし、朝晩の温度差が大きい時期でもあります。

人間の身体は温度が急激に上がったり、下がったりしてしまうと自律神経が大きく乱れてしまいます。

睡眠をうまくコントロールしている自律神経が乱れてしまうと睡眠に入りにくくなったり、深い睡眠がとれなくなってしまう可能性があります。

自律神経が乱れる事で脳と身体が緊張状態になり、緊張状態のまま睡眠に入ったとしても質の高い睡眠を得る事はできません。

この自律神経の乱れが季節の変わり目に不眠症になる原因なります。

秋の不眠症を対策するにはこの自律神経の乱れを正常の戻すという事が大切になります。

自律神経の乱れを戻す方法

自律神経の乱れを戻す方法としておすすめできる方法は脳と身体をリラックスさせる時間を作る事です。

特に睡眠に入る前にリラックスする時間を作る事ができれば不眠症対策にもなります。

リラックス効果がある方法としては音楽鑑賞や読書、アロマテラピーなどがあります。

また、ぬるま湯のお風呂に長時間浸かる事や半身浴、軽いストレッチにもリラックス効果を期待する事ができます。

これらの事を実践する事ができれば脳と身体をリラックスさせる事ができ自律神経の乱れも正常に戻す事ができます。

メラトニンの分泌が多ければ質の高い睡眠を得る事ができる

脳と身体がリラックス状態になった時、体内では睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが分泌されます。

このメラトニンの分泌が多ければ自然と睡眠に入る事ができ、質の高い睡眠を得る事ができます。

このように脳と身体をリラックスさせてあげる事は不眠症の対策にも繋げる事ができます。

ページTOPへ