寝る前のスマホの使用はダメ!

スマホは睡眠に大きな支障を与える

寝る直前までスマホをいじっている人は不眠症を発症する可能性が非常に高いです。

スマホユーザーのほとんどが寝る際にベットの中で眠くなるまでスマホをいじっていると聞きます。

スマホは時計代わりにもなりますし、目覚まし時計代わりにもなるので枕元に置いて寝ている方も多く、なかなか寝付く事ができない時はすぐスマホに手が伸びてしまうという方も多いようですね。

実は寝る前のスマホ使用は睡眠に大きな悪影響を与えているのはご存知でしょうか。

スマホをいじる事で寝つきが悪くなったり、睡眠の質を下げる事になったり、など睡眠に大きな支障を与える事になります。

スマホから発せられている光『ブルーライト』は太陽と同じ光

スマホが睡眠に支障をきたしてしまう理由でまず挙げられることはスマホの光です。

スマホから発せられている光はブルーライトと呼ばれる光になります。

ブルーライトは太陽の光と同じような性質をもち、ブルーライトを浴びる事は太陽の光を浴びているのと同じになります。

人間の身体と脳は太陽の光には脳を覚醒し、また体内時計もリセットし眠気を覚ます働きがあります。

この太陽と同じ性質をもつブルーライトを寝る直前に浴びてしまうと眠気はどんどん覚めてしまいます。

その結果、なかなか寝付く事ができなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまうという事が起こってしまうのです。

よく寝る際についついスマホに夢中になってしまって気が付いたら何時間も経過しているという経験をされたことがある方もいると思います。

これはブルーライトを浴びているからになります。

ブルーライトはパソコンの光からも発せられていて、スマホと同様に寝る直前までパソコンを使用していると睡眠に悪影響を与えてしまう事になります。

スマホを使用する事で脳が覚醒する

寝る際にスマホを使用している人はスマホでどんな事をしているのでしょうか。

ゲームをしている、メールをしている、ニュースをみている、など人によって様々だと思います。

何をするにしてもスマホを使用する事で新しい情報が頭に入ってきます。

ゲームをしている時はどう攻略しようか、メールをしている時は返信内容を考えたり、ニュースを見ている時も同様に頭の中には新しい情報が入ってきて脳に刺激を与える事になり、脳はどんどん覚醒しはじめます。

脳が覚醒すると目も冴えてしまい、もちろん眠りにつく事は難しくなります。

脳をリラックスさせて質の高い睡眠を得る

上記でご紹介してきた事がスマホが睡眠に悪影響を与える理由になる事です。

寝る前にスマホをいじっている事が習慣になっている人は十分な睡眠がとれなくなり、日中の生活や仕事にも影響ができます。

また、知らずに不眠症を発症してしまっている可能性もあります。

睡眠に入る前はできるだけスマホの使用は避け、脳をリラックスさせた状態で睡眠に入るようにしましょう。

脳がリラックスしていると自然と睡眠にも入る事ができ質の高い睡眠を得る事ができます。

読書やアロマテラピー、音楽鑑賞には脳をリラックスさせる作用があるので睡眠に入る際にはスマホではなく読書やアロマテラピー、音楽鑑賞を取り入れる事をおすすめします。

ページTOPへ