人間が見る事ができる光の中で最も強いエネルギーを持つブルーライト

寝る直前までスマホやタブレット、パソコンを使用している方は注意!

寝る前や寝る直前までスマホやタブレット、パソコンを使用している方が多いと思います。

実は寝る前のスマホやタブレット、パソコンは睡眠に大きな支障を与えているのはご存知でしょうか。

スマホやタブレット、パソコンからはあるものが発せられており、このあるものが睡眠の大敵になると言われています。

このあるものとは『ブルーライト』です。

ブルーライトとは波長が380~495nm(ナノメートル)の青色光になり、人間が見る事ができる光の中でもっとも波長が短くて強いエネルギーを持っている光になります。

ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、網膜にダメージを与え、目の疲れや目の痛みを招く原因にもなっています。

ブルーライトは脳を覚醒させる作用がある

スマホやタブレット、パソコンから発せられる光にはブルーライトが含まれており、寝る前にブルーライトを浴びる事で目に大きな刺激を与える事だけではなく、脳にも刺激を与え、脳を覚醒させてしまいます。

脳が覚醒した状態ではもちろん睡眠には入る事ができなくなるため、寝付くまでに時間がかかったり、睡眠が浅くなり何度も目が覚めるという事が起こってしまうのです。

寝る直前までスマホやタブレット、パソコンを使用している人ほど十分な睡眠を得る事ができず、場合によって不眠症を発症してしう方も多くなっています。

ブルーライトを浴びないように対策をする

質の高い睡眠を得るためにも寝る前のスマホやタブレット、パソコンの使用は控えるようにしましょう。

もしくはブルーライト対策としてブルーライトを遮断する眼鏡を掛けたりして対策をする事をおすすめします。

一番の解決方法はスマホやタブレット、パソコンを使用しないことですが、現代の生活にスマホやタブレット、パソコンは必需品になっています。

極力、ブルーライトを浴びないためにもブルーライトを遮断する眼鏡を掛けるなどしてブルーライトを浴びないようにしましょう。

このような対策をする事で睡眠が改善されて、質の高い睡眠が手に入る可能性もあります。

ページTOPへ