寝る前にリラックスして寝つきを良くする

睡眠にストレスを持ち込む事は禁物

仕事でストレスを抱えている人や人間関係でストレスを抱えている人は多くいます。

ストレスは睡眠の大敵になる存在ですのでストレスを多く抱えている人ほど十分な睡眠がとれない傾向にあります。

ですので、睡眠にストレスを持ち込む事は禁物になるのです。

十分な睡眠を得る事ができなければ疲労もたまり、次の日にも様々な影響がでてきます。

日中に睡魔に襲われたり、集中力が続かなかったり、他にもだるさなども出てきますね。

このような症状が日中に起きてしまうと仕事もうまくいきませんよね。

十分な睡眠をとるためにも寝る前に心身共にリラックスしてストレスを睡眠に持ち込まないようにしましょう。

自然に睡眠に入るためのストレス発散方法

人それぞれでストレス発散方法はあると思いますが、自然に睡眠に入るためのストレス発散方法でおすすめできるものは以下の事になります。

・読書
・半身浴
・軽いストレッチ
・アロマ
・音楽鑑賞

などになります。

いずれも脳と身体をリラックスさせる効果を期待する事ができるので、脳と身体が睡眠に入る準備をしてくれます。

脳がリラックスする事がでれば体内でメラトニンという睡眠ホルモンの分泌がはじまり、身体が睡眠に入るための準備をはじめてくれます。

自然と睡眠に入りやすくなり寝つきがよくなります。

この時もあまり考え事をしないように心がけましょうね。

少しでも考え事をしてイライラしてしまうとせっかくリラックスできていても脳が覚醒状態になってしまい、目が冴えて寝れなくなってしまうので注意しましょう。

こういった事が寝る前のイライラ対策でおすすめできる方法になるのですが、自分流のストレス発散方法がある場合はそれを試してもいいですよ。

ただ、暴飲暴食や飲酒、激しい運動はおすすめできません。

これらの事は脳と身体を覚醒させてしまう事になるのでリラックスする事はもちろんできず、むしろ体内時計が狂ってしまう可能性もありますのでますます寝る事ができなくなってしまうので寝る前にこういった事はしないようにしましょう。

ページTOPへ