病気が原因で不眠症を招いてしまう事もある

不眠症伴う病気

ぐっすり寝れない日々が続くと誰もが不眠症を疑いますよね。

不眠症になると寝付けなくなったり、夜中に何度も目が覚またりしてしまうなど、十分な睡眠を得られなくなります。

不眠症の原因は主にストレスや不安などの精神的な問題になるのですが、病気が原因で不眠症を招いてしまう事もあるんですね。

病気が原因で不眠症を発症している場合は病気を治療しなければ不眠症を改善する事ができないので注意が必要です。

ここでは不眠症伴う病気についてご紹介しています。

更年期障害

女性ホルモンの乱れが原因で起こる更年期障害。

更年期障害で悩んでいる女性は多くいると言います。

更年期障害を起こす事で身体には様々な不調が現れ、イライラや不安なども引き起こしてしまいます。

そして、睡眠にも影響がでてしまい、更年期障害が原因で不眠症を発症してしまう可能性もあるんですね。

更年期障害を治療する際には病院に通って治療する他にも、ストレス発散、適度な運動、漢方、なども効果的なので更年期障害が原因で不眠症を発症してしまっている方はまずは更年期障害を治す事かはじめてみましょう。

自律神経失調症

自律神経が乱れる事で起こる自律神経失調症。

自律神経失調症は様々でめまいや動機、イライラ、抗うつ状態、多汗、不眠、などになりますね。

自律神経が乱れる原因は主にストレスや不安です。

自律神経が乱れる事で情緒不安定にもなる恐れがあり、精神的に安定しない毎日を送らなければいけない事になります。

ちょっとした事でイライラしたり、気分が沈んでしまい、こういった事が睡眠に大きな影響を与えてしまうんですね。

質の高い睡眠を得るためには精神的にリラックスしていることが必須になるため、まずはうまくストレス発散を行なって自律神経の乱れを整えましょう。

自律神経が正常になる事で精神的にも安定して脳をリラックスさせやすくなり、睡眠の質も改善する事ができますよ。

睡眠時無呼吸症候群

肥満体の方が発症しやすい睡眠時無呼吸症候群。

睡眠時無呼吸症候群とは寝ている間に10秒程度呼吸が止まるという症状を起こしてしまいます。

睡眠時無呼吸症候群を発症してしまうと睡眠が常に浅い状態になり、十分な睡眠を得る事ができなくなります。

十分な睡眠を得る事ができませんので朝もスッキリ目覚める事ができませんし、日中に睡魔に襲われる事も多くなります。

先ほども述べましたが睡眠時無呼吸症候群は肥満体の方がなりやすい病気になるため、食生活や生活習慣を改善してダイエットを行うか、病院の専門医に相談するかして睡眠時無呼吸症候群を治す事を優先しましょう。

ページTOPへ