20代前半、医薬品会社(MR)の仕事している男性の不眠症体験談

仕事がうまくいかずストレスと不安がたまる毎日

私は大学を卒業して大手医薬品会社にMR(営業職)として就職しました。

企業的には大手で、医薬品業界も安定しているという事でこれからの人生がどうなるのかすごい楽しみにしていたんですよね。

入社前は不安というよりもワクワク感の方が大きかったですね。

しかし、自分がイメージしているものとは大きく違い、入社後に辛い日々が私を待ち構えていました。

入社してからというもの覚える事がありすぎて、営業マナーに関する事や医薬品に関する知識、他にも担当しているお客様に関する情報など、本当に様々な事を頭に入れて仕事をしなければいけませんでした。

そして、なにか失敗をするとすぐに上司に怒られていました。

早く仕事を覚えないといけない、失敗をしないようにしなければいけない、などプレシャーが日に日に大きくなっていきました。

始めの頃は失敗しても先輩社員かばってくれていたのですが、ミスを連発する自分に先輩社員もついに痺れを切らしてしまいきつく当たられる事も増えていき、余計にプレシャーを感じながら仕事をする事になりました。

自分でも努力をして仕事を覚えていたつもりなんですけど、空回りする毎日でストレスもだんだん溜まるようになっていきました。

寝る時もこの先やっていけるんだろうか、本当にこの企業に就職して正解だったのだろうか、など色々な事を考えるようになっていましたね。

寝つきが悪く、夜中に何度も目が覚めてしまう

すると、だんだん寝つきが悪くなってきたんです。

仕事で身体はヘトヘトになっているはずなのに一向に寝れないんです。

ベットに入って1時間近くしてようやく寝れるという感じです。ひどい時には2時間近く寝れないという日もありました。

また、寝つきが悪いだけではなく、夜中に何度も目が覚めたり、嫌な夢を見たり、など十分な睡眠を得る事ができなくなってしまいました。

もちろん十分な睡眠を得る事ができていませんので疲労も溜まる一方で日中の仕事にも影響がでてきました。

うっかりやミスもこれまで以上に増え、上司や先輩に怒られる日々が続き、仕事自体が本当に嫌になっていましたね。

まさか社会人がここまで大変だなんて入社する前は思いもしなかったので自分が想像していたイメージとのギャップにやられましたね。

ストレスと不安が原因で不眠症に!鬱病にもなりかけていた

でもこのままじゃだめなので何とかしなければいけないと思い、一度専門医のカウンセリングを受けたんですよね。

すると、医師にこのままだと鬱病になりますよと言われました。

ストレスと不安が原因で不眠症にもなっていて、十分な睡眠を得る事ができなかったのは不眠症が原因だったとこの時初めて知りました。

医師からは睡眠薬などの医薬品を使用した治療方法は勧められず、生活習慣や食生活を改善して治療していきましょうと勧められました。

まずは身体の中に溜まったストレスと不安をとる事からはじまりました。

リラックス効果を期待できる食べ物や飲み物を積極的に摂取し、睡眠前も脳に刺激を与えるスマホやパソコンの使用は避けました。

運動などもしてストレスを発散する努力をしました。

生活習慣、食生活、睡眠サプリで不眠症を改善

そして、もうひとつ頼りになるものを使用していました。

それは『睡眠サプリ』です。

不眠症について調べていたら睡眠サプリがあるという事を知ったんですね。

睡眠サプリには質の高い睡眠をサポートしてくれる成分がしっかり含まれていて、これらの成分は日頃摂取する事が難しくサプリから摂取する必要があったんです。

実際に睡眠サプリを利用して不眠症を改善できたという方も多くいて、私もすぐに睡眠サプリを試してみました。

このような生活を2週間くらい続けているあたりから睡眠の質が変わってきたと実感できるようになりました。

生活習慣、食生活、睡眠サプリで不眠症を改善する事ができたのです。

あとは仕事です。

十分な睡眠をとれるようになったためか日中もイキイキと仕事ができるようになりました。

覚えなければいけない事もすぐに覚える事ができるようになり、以前と比べてミスも減り、上司や先輩に怒られる事も少なくなりましたよ。

睡眠の質が変わるだけでこんなにも違いがでてきて自分でも本当にびっくりしています。

今でも生活習慣、食生活には気を付けていて睡眠サプリも利用しています。

これからも仕事を頑張っていけるように睡眠には気を付けながら生活をしていきたいと思います。

ページTOPへ