寝る時についつい考え事してしまう方へ

考え事は脳を覚醒させてしまう

ベッドに入って寝ようとする時にどうしても考え事をしてしまう事ってありますよね。

会社の事や家庭の事、家族の事、友人の事、将来の事、お金の事など。

これらの事を1日のどこかで考える時間がない人は寝る時に考えるという人も多いと思います。

寝ようと思っていても考え事をしていたら目が覚めてしまったという経験をお持ちの方は多いでしょう。

この寝る時に考え事をする事は睡眠の大きな妨げになってしまうんです。

寝る時に考え事をするとネガティブになる事が多く、このネガティブがストレスを発生させ、ストレスが脳を覚醒してしまい眠気が覚めてしまうんです。

現在では寝る際に考え事をする方が多く、その中には1時間以上も寝付く事ができないという方もいると聞きます。

なかなか寝付く事ができないという事は睡眠時間も削られ次の日に負担がかかりますし、寝付けない日が続くと入眠障害という不眠症を発症してしまう可能性もあります。

寝る前に脳をリラックスさせる

寝る時には極力考え事をしないようにする事が大事になるのですが、なかなかそうはいきません。

ではどうすれば寝る時に考え事をしなくて済むのでしょうか。

それは寝る前の1時間くらい前から脳をリラックスさせる事です。

脳をリラックスさせる事で体内でメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されます。

このメラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれており、メラトニンを分泌する事で身体と脳が寝る態勢に入り、寝つきが良くなると言われています。

他にも脳をリラックスさせる事でネガティブになりにくくなるといいます。

たとえ寝る時に考え事をしたとしてもネガティブにならないのでストレスを発症させる事もなく脳を覚醒させずに済みます。

脳をリラックスさせる方法

脳をリラックスさせる方法はいくつかあります。

部屋の照明を淡い照明にしたり、あたたかい飲み物を飲んで身体を温める、他にもリラックスできる音楽を聴く、アロマテラピーなどもあります。

自分が最もリラックスできる方法を見つけて試してみてはいかがでしょうか。

このように睡眠に入る環境を整えてあげると考え事をする事も抑える事ができ、寝つきも良くなります。

現在、寝る際に頻繁に考え事をしてしまう方は寝る前に脳をリラックスさせてみる事をおすすめします。

ページTOPへ