ストレスが原因で不眠症になる

ストレスの溜めすぎは注意!

ストレスを溜めこみすぎると寝れなくなると言います。

ストレスは脳を覚醒させてしまう作用があるので常にストレスを感じている方は寝る時も脳が覚醒したままなのでなかなか寝付く事ができない、寝れたとしても睡眠中に何度も目が覚めてしまう可能性があります。

現代はストレス社会とも言われており、会社や家庭でストレスを感じてしまう方が多くいると聞きます。

ストレスが原因で不眠症やうつ病を発症させてしまう事もあるのでストレスの溜めすぎには注意が必要になります。

日々、ストレスを感じているという方は何かしらのストレス発散方法を見つけなければなりません。

ストレス発散方法で多くの方が行っていることが食べる事、お酒を飲む事です。

しかし、食べ過ぎやアルコールの過剰摂取も寝れない原因になってしまうので不眠を治したいと言う方にはおすすめできません。

リラック効果があるアロマテラピー

当サイトがおすすめする方法は寝る前の時間、30分前や1時間前から脳をリラックさせる事です。

脳をリラックさせる事でストレスからも解放されて、自然と眠りに入る事ができます。

脳をリラックスさせる方法は人によって様々なですが、アロマテラピーは特に効果があると聞きます。

アロマテラピーにはリラック効果があり、脳だけではなく身体もリラックスさせる事ができます。

リラックス効果が高いアロマの香りはラベンダーやオレンジ、ローマン、カモミールだと言われています。

これらの香りの他にも自分がリラックスできる香りがある場合はその香りを利用する事をおすすめします。

自分がリラックスできる方法を探す

アロマテラピーの他にも近年では睡眠用の音楽も多くあります。

この睡眠音楽も脳をリラックスさせる効果があり身体と脳がすぐに睡眠に入れるように準備をしてくれます。

上記でご紹介してきたアロマテラピーや睡眠音楽の他にも自分がリラックスできる方法がある場合はその方法を寝る前の30分~1時間前に実施する事をおすすめします。

しっかり睡眠を取る事ができない場合は早めの対応が必要

ストレスは睡眠や休息を大きく妨げてしまうものです。

上記でも述べましたがストレスが原因で不眠症やうつ病になってしまう方も多くいます。

不眠症やうつ病になってからでは遅いのでストレスが溜まっている、しっかり睡眠を取る事ができないと言う方は早めの対応が必要です。

ページTOPへ