脳の覚醒作用があるアルコール

過剰なアルコールの摂取は睡眠を浅くする

よく寝酒と言う言葉を耳にします。

寝る前にお酒を飲むと寝つきが良くなるという理由で寝る前にお酒を飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

この寝酒ですが少量のアルコールだといいのですが過剰な摂取の場合睡眠を浅くしてしまう可能性があります。

アルコールには脳を覚醒させてしまう作用があり、過剰にアルコールを摂取してしまうと脳が常に興奮してしまっている状態なので深い眠りに入る事ができなく浅い眠りになってしまいます。

また、身体もアルコールを分解する作業を始めるので身体も起きている状態になります。

その結果、夜中に何度も目が覚めてしまい、起きた時にも熟睡感が得られなくなってしまいます。

眠りが浅いと朝もスッキリ起きれなくなり、疲労も取れないので身体に負担もかかってしまいます。

深い眠りにつき、熟睡をするには寝る前のアルコールの摂取は控えた方がいいでしょう。

寝る2時間前にはアルコールの摂取は控える事をおすすめします。

不眠症対策をする際には寝る前の食事とお酒は控える

アルコールだけではなく寝る前の食事も睡眠には悪い影響を与えてしまいます。

アルコールと同様に寝る前に食事をしてしまうと身体が消化活動を始めてしまい、眠りに入ったとしても身体は起きている状態になるので深い眠りに入れなくなってしまいます。

他にも睡眠に良くない食事や飲み物もあります。

コーヒーやお茶などのカフェインが含まれている飲み物も控えるようにしましょう。カフェインには脳の覚醒作用があり、寝つきが悪くなります。

塩分が高い食べ物も高血圧の原因になり、睡眠には悪影響を与えてしまいます。

上記でご紹介してきたように不眠症対策をする際には寝る前の食事とお酒は控えるようにしましょう。

不眠症を改善するには身体の中の環境を整える事も大切

不眠症を改善するには寝る前の環境を整える事も大切になります。

寝室環境を整えてあげる事も大切ですが身体の中の環境を整える事も大切です。

現在、不眠症で悩んでいる方や寝つきが悪い、夜中に何回も目が覚めてしまうという方は寝る前の環境を改善する必要があるかもしれません。

寝る前に明るい光を浴びる事も寝れない原因になります。ゲームや携帯電話、パソコンの使用もおすすめはできません。

一度、寝る前に自分が何をしているのか?を見直してみる事をおすすめします。

ページTOPへ