睡眠をする上で欠かすことのできない成分『セロトニン』

セロトニンとは

現在、不眠症に悩まされている方はセロトニンという物をご存知でしょうか。

睡眠とこのセロトニンは大きく関係しているのです。

不眠症に悩まされた経験がある私も最初はセロトニンの事は全く知りませんでした。

不眠症を治したくて自分なりに調べていたらセロトニンという言葉が出てきました。

詳しくセロトニンについて調べていると睡眠と大きく関係があったので驚きました。

私が不眠症を克服した現在でも愛用している不眠症サプリの『マインドガード』にもこのセロトニン成分が豊富に入っているのです。

ここではセロトニンとはどういう成分でどんな効果や効能があるのかという事をご紹介しています。

セロトニンの効果・効能

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、人間の体内で重要な役割を担っている三大神経伝達物質のひとつになります。

セロトニンは人間の精神面に大きく影響し、心身を安定させる役割があります。

セロトニンが不足してしまうと不眠症やうつ病などの精神疾患を発症してしまう恐れがあります。

セロトニンが不足した際の症状
・疲れやすくなる
・集中力がなくなる
・怒りっぽくなる
・感情的になりやすくなる
・寝つきが悪くなる
・依存症になりやすい

このように、セロトニンが不足すると身体・精神、両方の面に様々な影響を与えます。

セロトニンを増やすには

人間の体では生成されないセロトニンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

・規則的な生活
・リズム運動
・トリプトファンを含む食品を食べる

上記の3つが重要になります。

それぞれの項目をもう少し詳しく見ていきましょう。

規則的な生活

規則的な生活というのは早寝早起きをし、昼間に活動して夜は寝るといった事です。

セロトニンは太陽が出ている時間に分泌されやすいと言われています。

太陽を浴びる事によりセロトニンが生成されるという事です。

昼夜逆転の生活をしている方や日中に部屋の中にいる方は太陽光を浴びる事ができないために、セロトニンの分泌が行われないため体内時計が狂い、不眠症に陥りやすくなるといいます。

規則正しい生活を送る事によって不眠症対策だけではなく心身も安定させる事ができ健康にも繋がります。

周りの環境のせいでどうしても太陽光を浴びる事ができない方は、光で起こしてくれる目覚まし時計という物があります。

こういう物を使ってもセロトニンは分泌されるといいますので不眠症対策になります。

リズム運動

なぜセロトニンを増やすのにリズム運動がいいのでしょうか。

徒歩、階段の昇り降りなどといった一定のリズムで行う運動はセロトニン神経が活性化されるといいます。

リズム運動の種類
・ウォーキング
・スクワット
・ヨガ
・自転車運動
・ダンス

こういった運動を5分以上、長期間継続して行うと効果が大きいと言われています。

また、食事をする際によく噛むこともリズム運動のひとつになるといいます。

リズム運動も適度な運動になりますし、食事をよく噛む事も栄養の効果的な摂取方法になり、消化にもいいといいますので健康にいいと言えますね。

トリプトファンを含む食品を食べる

セロトニンは食べ物からも摂取する事ができます。

詳しくいうとセロトニンはトリプトファンという成分とビタミンB6という成分で生成されます。

このトリプトファンとビタミンB6を豊富に含んだ食べ物を摂取すれば体内でもセロトニンが生成されます。

トリプトファンを含む食べ物
・バナナ
・乳製品
・豆類
・肉類
・赤身魚
・白米
・そば

ビタミンB6を含む食べ物
・豆類
・肉類
・赤身魚
・果物

ビタミンB6は体内で生成さるのでそこまで意識しなくてもいいですが、トリプトファンは体内で生成されないので意識して摂取するといいでしょう。

こういった食生活を変える事を意識する事も不眠症対策のひとつになります。

ページTOPへ