睡眠ホルモンとも呼ばれている『メラトニン』

メラトニンは睡眠を促してくれる成分

ここでは、睡眠をとる上で重要な成分となるメラトニンについてご紹介しています。

現在、不眠症で悩んでいる方はメラトニンという成分が一体何なのかという事をしっかり理解する必要があります。

このメラトニンという成分の事を理解する事で不眠症を克服できる可能性が大きくなります。

上記でも述べましたが、メラトニンは睡眠を取る上で重要な働きをしてくれます。

メラトニンという成分は脳の松果体と呼ばれる部分から分泌されるホルモンです。

そして、眠りを誘う睡眠ホルモンとも呼ばれています。

メラトニンの働きとは

メラトニンがどのような働きをするのかというと

・催眠作用
・生体リズムの調節作用
・細胞の免疫強化作用

メラトニンは睡眠に関する作用だけではなく病気の予防にも役に立ってくれます。

メラトニンが分泌される時間帯は夕方から夜にかけて多く分泌されるようです。

夜眠りにつく時間帯に脈拍・体温・血圧などを低下させ睡眠の準備を行い、身体が自然に眠り入れるように働いてくれるのがメラトニンという成分になります。

ですので、なかなか寝付く事の出来ない入眠障害の方の多くがこのメラトニンが不足していると言っていいのではないでしょうか。

メラトニンとセロトニンの関係

また、メラトニンはセロトニンという神経伝達物質から生成されるのでセロトニンが不足するとメラトニンも不足すると言われています。

セロトニンも睡眠をする上で重要な働きをする成分になります。

セロトニンも不足する事によって不眠症を発症しやすくなります。

メラトニンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

メラトニンの成分を摂取できるサプリメントもありますが、薬事法の規定により販売が制限されており、副作用もありますので注意が必要になってきます。

メラトニンを増やすには

メラトニンを増やす方法でおすすめなのがセロトニンから増やす方法になります。

上記でご紹介したようにメラトニンはセロトニンから生成されます。

セロトニンを十分に摂取する事ができていれば睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を増やす事ができます。

ですので、メラトニンを増やす場合にはセロトニンについても理解する必要があります。

セロトニンについては当サイトの『セロトニン』のページで詳しくご紹介していますのでそちらをご覧ください。

セロトニンを増やすことでメラトニンも増える。

メラトニンが増やすことでよく眠れるようになる。

良く眠る事ができるようになれば不眠症を克服できる。

このようにセロトニンを増やすことは不眠症の改善に大きく繋がります。

セロトニンを効率よく摂取するにはサプリメントの力を借りる

セロトニンの成分を摂取する方法として最もおすすめなのがサプリメントを活用する事です。

このサイトを管理している私も以前、入眠障害に悩まされたひとりです。

不眠症をなんとか改善したく様々な事を調べて、最終的にたどり着いたのが『マインドガード』というサプリメントでした。

マインドガードはセロトニンを十分に補う事ができ、セロトニンの他にも不眠症を改善してくれる成分も含まれています。

また、ドリンクタイプなので体内に吸収されるスピードが速く私が不眠症サプリの中で最もおすすめする不眠症サプリです。

私は不眠症を克服する事ができた現在でも、このマインドガードは飲み続けています。

現在、不眠症に頭を抱えている方には是非、おすすめしたい不眠症克服方法ですね。

ページTOPへ