睡眠時間を管理して質の高い睡眠を手に入れる

睡眠には質の高い睡眠と質の低い睡眠がある

いくら長時間睡眠をとっても疲れが取れないという経験をお持ちの方は多いと思います。

睡眠には質の高い睡眠と質の低い睡眠があります。

質の低い睡眠の場合はいくら長時間寝ても疲労は回復せず、熟睡感も得られません。

朝起きた時も身体が重たく感じます。

質の悪い睡眠をとってしまう原因はいろいろあり、生活リズムや生活習慣、睡眠環境などが主な原因に挙げられます。

この質の悪い睡眠が続くと寝不足になってしまい、最悪の場合は不眠症を発症してしまう可能性もあります。

ですので、寝ても疲労が取れないという方は早めに対処する事が必要になってきます。

睡眠は時間よりも質が大切

睡眠時間は人によって様々です。

6時間以下の方もいますし、8時間以上寝ている方もいます。

理想的な睡眠時間は7.5時間だと言われています。

6時間以下だと睡眠時間が短いから寝不足になるのではと思われる方も多いと思いますが、睡眠は量よりも質なのです。

たとえ6時間以下といった短い時間でも質の高い睡眠をとっていると熟睡感もあり疲労もしっかり取れます。

上記でも述べましたが逆に長時間寝ても睡眠の質が低ければ熟睡感はなく、疲労もとれません。

このように睡眠は時間よりも質が大切になります。

睡眠時間を管理して睡眠環境を見直す

質の高い睡眠を取るにはまずは自分の睡眠時間をしっかり管理して毎日の睡眠時間をチェックしてみましょう。

そして、朝起きた時の気分なども併せて記録に残しておくといいでしょう。

そうする事で自分に合った睡眠時間を見つける事ができ、その睡眠時間を習慣化する事で自分の睡眠を見直す事ができ、睡眠の質を改善する事ができるようになります。

質の高い睡眠を取るには睡眠時間を管理する事以外にも、

生活リズムを整える
睡眠環境を整える
睡眠に必要な栄養素を摂取する

などの事もあります。

上記でご紹介してきたように自分の睡眠時間をしっかり管理する事で質の高い睡眠が取れるようになる可能性も高くなります。

現在、寝ても寝ても疲れが取れないという方はまずは自分の睡眠時間を管理する事から初めて見ることをおすすめします。

ページTOPへ