規則正しい生活リズムで質の高い睡眠を手に入れる

不規則な生活をしているかぎり質の高い睡眠を手に入れる事はできない

質の高い睡眠を取るには毎日決まった規則正しい生活リズムを心がけなければなりません。

不規則な生活をしているかぎり質の高い睡眠を手に入れる事はできません。

最近、寝ても寝ても疲れがとれない、熟睡感がないという方は生活リズムが乱れていないか確認してみましょう。

ここでは質の高い睡眠を手に入れるために大切になる生活リズムについてご紹介しています。

質の高い睡眠を手に入れたいという方に参考にして頂きたいと思います。

平日も休日も起床時間と就寝時間は変えない

まず生活リズムを乱さないために最も大切な事は平日も休日も起床時間と就寝時間は変えないという事です。

良くある話ですが休日の前日はついつい夜更かしをしてしまったり、朝いつも以上に寝てしまうという事です。

心当たりがある方も多いのではないでしょうか。

休日だからといって夜更かししすぎてしまったり、寝すぎてしまうと生活リズムが大きく狂ってしまいます。

生活リズムが狂ってしまうと睡眠時間も乱れる事になります。

いつも寝ている時間なのに寝る事ができない。次の日仕事なのに夜寝る事ができなくなる。という事が起きてしまい睡眠の質も低いものになってしまいます。

毎朝決まった時間に太陽の光を浴びる事が大切

起床時間や就寝時間を守る事が生活リズム・睡眠リズムを守る際には大切になります。

そして、もうひとつ生活リズム・睡眠リズムを守る際に大切になる事があります。

それは太陽の光を浴びるという事です。

太陽の光を浴びる事で体内時計はリセットされます。

毎朝、決まった時間に太陽の光を浴びる事で身体が今から一日が始まると判断します。

また、太陽の光を浴びる事で体内でセロトニンという睡眠に必要な成分が生成されます。

そして、夜になると太陽の光を浴びて生成されたセロトニンから睡眠ホルモンと言われているメラトニンという成分が分泌され睡眠する準備入ります。

このメラトニンには睡眠を促す役割があり、メラトニンをしっかり分泌する事ができていれば質の高い睡眠を取る事ができると聞きます。

先ほども述べましたが、メラトニンを分泌するにはセロトニンが必要なり、セロトニンを生成するには太陽の光を浴びる事が必要になります。

このように太陽の光を浴びる事で体内時計をリセットする事ができ、また睡眠に必要になる成分セロトニンを生成する事ができるので毎朝決まった時間に太陽の光を浴びる事が大切になるのです。

寝る前はできるだけ胃の中を空っぽにして寝る

次は寝る前の食事です。

このことも睡眠の質を大きく下げてしまう事になります。

朝食や昼食は多くの方が毎日決まった時間に取っていると思います。

問題なのは夕食です。

人それぞれで仕事が終わる時間が異なるため毎日決まった時間に食事を取る事は難しいのが現代の社会です。

残業が長引き、寝る直前に夕食を取る方も少なくはないのではないでしょうか。

食事をすると胃は消化活動を行ないます。

食事をしてすぐに睡眠に入ろうとしても胃は活動を続けています。

胃が活動をしている事が睡眠に入る事を妨げ、寝つきも悪くなります。

また睡眠に入れたとしても胃が活動をしている限り深い眠りに入る事ができず、浅い眠りが続いてしまいます。

眠りが浅いという事は質の低い睡眠になってしまいます。

ですので、寝る前はできるだけ胃の中を空っぽにして寝る事をおすすめします。

睡眠前のアルコールやカフェインの摂取も睡眠の質を大きく下げる

食事同様に睡眠前のアルコールやカフェインの摂取も睡眠の質を大きく下げてしまいます。

アルコールやカフェインには脳を活性化させる働きがあるため睡眠前に摂取してしまうと寝つきが悪くなってしまいます。

また、睡眠に入っても脳が活性化しているので眠りが浅くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまいます。

よく寝酒といって寝る前にお酒を飲むとすぐに寝る事ができるという方がいますがこれは大きな間違いです。

お酒を飲んで眠くなるのは一時的な事で、すぐに脳が活発に動きはじめてしまいます。

睡眠前のアルコールやカフェインの摂取も睡眠リズムを大きく狂わしてしまう事になるので睡眠前のアルコールとカフェインの摂取は控えるようにしましょう。

ページTOPへ