昼夜逆転の生活をしている方の睡眠対策

昼と夜が逆転している方は睡眠不足や不眠症になりやすい

現在、夜のお仕事をしている方の中で睡眠不足や不眠症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

昼と夜が逆転している方は睡眠不足や不眠症になりやすいと聞きます。

また、生活リズムも乱れがちになり、質の高い睡眠がとれなくなってしまいます。

昼夜逆転の生活をしている方はしっかりとした対策ができれば高い睡眠をとる事ができます。

ここでは昼夜逆転の生活をしている方の睡眠対策をご紹介しています。

現在、昼夜逆転生活をしている方に参考にして頂きたいと思います。

光をうまく使う事が昼夜逆転している方の睡眠対策

まず、最も重要になる事は光を浴びる事です。

朝起きて日中に行動をしている方は自然と太陽の光を浴びる事ができます。

太陽の光を浴びる事で体内では睡眠に必要な成分セロトニンが生成され、このセロトニンが夜になると睡眠ホルモンを分泌します。

睡眠ホルモンが多ければ多いほど質の高い睡眠をとる事ができます。

しかし、夜のお仕事をされている方はそうはいきません。

太陽が出ている時間に睡眠を取る事になるので太陽の光を浴びる事ができません。

ですので昼夜逆転している方は活動している時にできるだけ明るい光を浴びる事を心がけましょう。

最近では太陽と同じ光量が含まれる光目覚まし時計という物もあります。

朝起きた時に太陽の光を浴びる事で体内時計がリセットされるのでしっかりとした対策になります。

このように光をうまく使う事が昼夜逆転している方の睡眠対策になります。

寝る時の寝室環境を改善する事も大切なポイント

寝る時の寝室環境を改善する事も大切なポイントになります。

太陽が出ている時間に寝ている方はどうしても部屋が明るくなってしまい、眠りが浅くなってしまう傾向にあります。

また、騒音も夜に比べて日中はうるさいです。

これらの事に関してもしっかり対策をしなければなりません。

厚手をカーテンを使用して外の光を一切入れない、またはアイマスクや耳栓をして外の光と騒音を遮断するなどの対策をして睡眠に入ると質の高い睡眠をとる事ができる可能性も高くなります。

他にも睡眠前には食事をしない、アルコールやカフェインを摂取しない事も高い睡眠を取るために必要な対策になるので頭の中に入れておきましょう。

ページTOPへ