寝る前に飲むドリンクタイプの不眠症サプリで不眠症を改善する

不眠症は日中の生活や仕事にも大きく影響

日中は眠くなるのに夜になると眠れない、ベッドに入ると色々考え事をしてしまって睡眠に入るまでにすごい時間がかかる、睡眠時間は十分なのに朝起きた時に熟睡感がない、夜中に何度も目が覚める、などの事が何日も続いている方は不眠症を発症しているか不眠症予備軍の可能性があります。

不眠症を発症してしまうと日中にも大きな影響を与え、集中力の低下、免疫力の低下、食欲低下、倦怠感などがでてしまい、日中の生活・仕事などにも大きな影響を与えてしまいます。

また、不眠症を放置していると不眠症からうつ病や精神的疾患へ発展してしまう可能性も考えられるので少しでも不眠症の疑いがある場合は早急に対策をする事が必要になってきます。

不眠症には、

入眠障害(睡眠に入る事が困難になる)
熟眠障害(深い眠りに入れなくなる)
途中覚醒(睡眠中に何度も目が覚める)
早期覚醒(朝早く目が覚めてしまう)

上記の4種類があります。

不眠症になる原因

不眠症になる原因で多いと言われているのが不規則な生活、ストレスだと言われています。

不規則な生活をしていると生活リズムはもちろん乱れます。

体内時計も狂ってしまい寝る時間になっても身体が睡眠に入る準備をする事ができなくなってしまいます。

また、寝る前の飲食や飲酒・喫煙、スマホを使うという事も睡眠の妨げになります。

そして、ストレスは睡眠の大敵になる存在です。ストレス以外にも不安も睡眠を妨げるものになります。

寝る時に考え事をしてしまう方はストレスや不安を多く抱えている人になります。

不眠症を改善するには規則正しい生活を送る、ストレス・不安を抱えこまないという事は重要になってきます。

不眠症の原因 - ストレス
不眠症の原因 - 生活リズム

寝る前に脳をリラックスさせる

不眠症を改善する時の対策方法として最も効果的なのが脳をリラックスさせる事です。

脳をリラックスさせる事で体内ではメラトニンという睡眠ホルモンと呼ばれている成分が分泌されます。

このメラトニン(睡眠ホルモン)の分泌が多ければ多いほど睡眠に入りやすく、質の高い睡眠を取る事ができるようになります。

しかし、メラトニンの分泌を増やすにはセロトニンという成分が体内にある事が条件になってきます。

セロトニンを体内で分泌させるには太陽の光を浴びる、運動をする、トリプトファンが含まれている食べ物を摂取するという事が必要になりますが、自分の生活している環境では無理だという方もいると思います。

そんな方におすすめするのが不眠症サプリを利用して不眠症を改善するという方法です。

当サイトでおすすめしている不眠症サプリは『マインドガード』です。

マインドガードには先ほどご紹介したセロトニンの分泌を増やしてくれる効果を期待する事ができ成分がしっかり含まれています。

また、精神状態を安定させる事ができ、不眠症の原因にもなっているストレスや不安を解消する事ができ、脳をリラックスさせた状態で睡眠に入る事ができます。

マインドガードは不眠症サプリの中では唯一のドリンクタイプのサプリになるので、体内の吸収率も高く飲んでからすぐに効果が現れます。

寝る前にマインドガードを飲むだけでその日の睡眠が大きく変わります。

⇒ドリンクタイプのマインドガードで不眠症を改善する

継続して利用する事で質の高い睡眠を取れる身体を作る事ができ、不眠症をしっかり改善する事ができます。

現在、不眠症を発症している方、不眠症の疑いがあるという方は寝る前に飲むドリンクタイプの不眠症サプリマインドガードを利用して質の高い睡眠をとって頂きたいと思います。

ページTOPへ