不眠症になる原因を知る事も不眠症の改善に繋がる

不眠症になる原因

現在、不眠症で悩んでいる方は不眠症になる原因をしっかり把握しているでしょうか。

不眠症になる原因をしっかり把握する事も不眠症を治す方法のひとつになります。

ここでは不眠症になる原因についてご紹介しています。

現在、不眠症を発症してしまわれている方は不眠症になる原因をしっかり理解して不眠症の対策・改善をして頂きたいと思います。

不眠症に原因には様々な要因があると言われています。

・精神的な問題(ストレスなど)
・生活環境(食生活、生活リズムなど)
・睡眠環境(寝具、騒音など)

不眠症の原因になっている代表的な要因は上記の3つになります。

精神的な問題で不眠症になる

まずは精神的な問題です。

これは主にストレスや不安などになります。

人間はストレスを感じると脳が活発になってしまうといいます。

不安も一緒でついつい考え込んでしまう事で脳が活発になってしまうようです。

ストレスや不安を多く抱えている方は特に寝る時に色々と考え事をしてしまいそのせいで寝れなくなる方が多いといいます。

この事は不眠症の方で心辺りがある方も多いのではないでしょうか。

精神的な問題が不眠症の原因で最も多い原因になるようです。

ひどい場合にはうつ病になってしまう恐れもあります。

⇒精神的な問題の不眠症対策方法はこちら

寝る前の環境で不眠症を発症してしまう

次に多い不眠症の原因は生活環境です。

生活環境と言うのは食生活や生活スタイルが挙げられます。

特に睡眠に入る前の生活環境には気を付けなければなりません。

寝る前に食事をする事や寝る前に携帯電話やパソコンの光を浴びると寝つきが悪くなってしまいます。

寝る前に食事をする事で胃が消化活動をする事になるので身体が睡眠に入る事ができなくなり寝れなくなります。

もちろん寝る前のお酒もよくありません。よく寝る前にお酒を飲むと寝つきが良くなるという話を聞きますがそれは大間違いです。

アルコールは脳を刺激する上に身体がアルコールを分解する活動をするので身体は休む事ができなくなります。

お酒を飲んで眠くなる事は一時的な事であって脳と身体が活動している状態になるので深い眠りに入る事ができなくなり、常に浅い眠りで何度も目が覚めてしまいます。

寝る前に携帯電話やパソコンでインターネットを見たりゲームをしている方も多いのではないでしょうか。

近年、主流になっているスマートフォンやパソコンの光にはブルーライトといって脳を覚醒させる光量が含まれていると言います。

寝る前にスマートフォンやパソコンの光を浴びる事で脳が活発になってしまい寝るまでに時間がかかってしまいます。

生活環境が原因で不眠症になる方は若い世代の方が多いようです。

⇒生活環境の不眠症対策方法はこちら

ページTOPへ