不眠症と生活環境は大きく関係している

理想な生活環境が快眠に繋がる

不眠症を改善する方法のひとつに生活環境を改善するとい方法があります。

この生活習慣と不眠症は大きく関係しており、不眠症の原因が生活環境になっている方も多くいるようです。

生活リズムや食生活が乱れていると不眠症を発症する可能性も高くなります。

まずは、自分の生活環境はどうなのか思い出してください。

理想的な生活リズムは太陽が出ている時間に活動し、太陽が沈む時間に身体を休め、食事も朝、昼、夜と決められた時間に3食しっかり食べる事です。

なぜ太陽が出ている時間に活動して太陽が沈む時間に身体を休めるのかというと、人間の体は太陽の光を浴びる事で体内でセロトニンと言う成分が分泌されるようになります。

このセロトニンと言う成分は睡眠を取る際に重要になる成分です。

そして、夜になると今度はセロトニンからメラトニンと言う成分が分泌されるようになります。

メラトニンとは別名睡眠ホルモンとも呼ばれており睡眠を促してくれる成分になります。

このメラトニンの分泌が多ければ多いほど寝つきがよくなり快眠をする事に繋がります。

しかし、セロトニンが不足している場合にはこのメラトニンの分泌量も減ってしまうため寝つきが悪くなってしまったり不眠症を発症してしまう可能性もあるという事です。

要するに不眠症にならないためには日中に太陽の光を浴びてセロトニンを増やすという事が重要になります。

セロトニンの分泌量を増やす

セロトニンを増やす方法は太陽の光を浴びるという事以外にも運動をする事や食事からでもセロトニンを増やす事もできます。

運動といっても激しい運動ではなく、一定のリズムで行う運動になります。

例えば、ランニングやウォーキング、サイクリング、ダンスなどになります。

こうした運動を1日のどこかに取りいれるだけでセロトニンの分泌量は増加すると言われています。

太陽の光を浴びながらこれらの運動をするとより効果的になります。

食事ではトリプトファンと言う成分を含む食事を食べる事でセロトニンの分泌を増やす事ができます。

トリプトファンが含まれている食べ物は、乳製品や豆類、肉類などになります。

トリプトファンについてはこちらのページで詳しく解説しています。

このように不眠症と生活環境は大きく関係しています。

生活環境を規則正しい生活に改善する事で不眠症の予防・対策・改善をする事ができます。

現在、不眠症で悩んでいる方で生活環境が乱れている方はまずは生活環境を改善する事から初めてみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ